源義国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
源義国
Minamoto no Yoshikuni.jpg
源義国木像(『集古十種』より)
時代 平安時代後期
生誕 寛治5年(1091年
死没 久寿2年(1155年
改名 普賢丸(幼名)→義国
別名 足利式部大夫、荒加賀入道
墓所 栃木県足利市家富町の鑁阿寺
官位 従五位下、帯刀長、式部丞、加賀
氏族 河内源氏
父母 父:源義家、母:藤原有綱の娘
兄弟 義宗義親義忠義国義時義隆
藤原敦基の娘、源有房の娘
義重義康季邦

源 義国(みなもと の よしくに)は、平安時代後期の河内源氏武将源義家の子[1]新田足利両氏の祖にあたる。

経歴[編集]

源頼信-頼義-義家と伝領した摂関家上野国八幡荘を相続した[2]。長兄義宗が早世し、次兄義親が西国で反乱を起こすと、三兄の義忠とともに次期「源氏の棟梁」としての期待を受けた。しかし、乱暴狼藉を行ったことや、時代の趨勢に合わないと義家に判断されて後継者から外されていった。

叔父義光との抗争(常陸合戦)には敗れ、常陸国は義光流の佐竹氏に譲ることになったが、足利庄を成立させるなど、下野国に着実に勢力を築いていった。晩年にも勅勘を被るなど、気性の荒さは改まらず、荒加賀入道と言われた。

生涯[編集]

  • 嘉承元年(1106年)、叔父源義光・従兄弟源義業常陸国において合戦する。いわゆる「常陸合戦」。その結果、義国は勅勘を蒙り、父義家に捕縛命令が下りる。また、義光及びその与党の平重幹にも捕縛命令が各地の国司に下る。
  • 保安5年(1124年)、源義清元服に際して加冠を行なう。
  • 大治2年(1127年)、次男・義康が誕生。
  • 康治元年(1142年)、足利にある伝領を鳥羽院御願寺の安楽寿院に寄進し足利庄として成立させる(八条院領から大覚寺統へ伝領)。
  • 康治2年(1143年)、梁田郡内の開発私領を伊勢神宮に寄進し梁田御厨を立券。
  • 久安5年(1149年)、義国の郎党、京洛において乱闘し、義国が責任を問われる。
  • 久安6年(1150年)、右近衛大将大炊御門藤原実能と争い、実能の屋敷を焼き払い勅勘を蒙る。
  • 久寿2年(1155年)、長男義重新田荘の館で死去。

生没年[編集]

義国の生年、没年は諸説があって定かではない。通説では、寛治5年(1091年)生まれ、仁平4年(1154年)出家、久寿2年(1155年)6月26日に死去となっている(尊卑分脈[3]

他の生年説は以下の通り。

  • 応徳元年(1084年)説 『系図纂要』記載。また異説として寛治3年(1089年)。
  • 永保2(1082年)説 足利鑁阿寺所蔵の「新田足利両家系図」に、義忠没時の義国の年齢を18歳と記している。『足利市史』(1928年)では、これを28歳の誤りであるとし、逆算して永保2年(1082年)誕生としている。

子女[編集]

子孫[編集]

末裔には山名氏里見氏桃井氏石塔氏吉良氏今川氏細川氏畠山氏(源姓)、斯波氏一色氏世良田氏戸崎氏岩松氏最上氏などがある

脚注[編集]

  1. ^ 尊卑分脈では三男とされるが、出生年が四男とされる義忠より後になるため、長幼の順は定かではない。
  2. ^ 久保田順一『中世武士選書18 新田義重 北関東の治承・寿永内乱』戎光祥出版 2013年11月1日 ISBN 978-4-86403-094-6
  3. ^ また、1091年の生れとすると、三兄義忠の永保3年(1083年)より8歳も年下になってしまい、系図上の兄弟の順が崩れる。また、義国が誕生した時点での義家の年齢も52歳となる。そのため、義国の誕生年に関しては謎が多く、須藤聡の論文「平安末期清和源氏義国流の在京活動」(『群馬歴史民俗』16号、1995年)は1080年から1090年の間とする。