深尾光洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
深尾 光洋
研究機関 (機関)日本経済研究センター
慶應義塾大学
研究分野 国際金融論コーポレートガバナンス
母校 京都大学工学士
ミシガン大学Ph.D
実績 Basel-IIの策定
受賞 日経・経済図書文化賞1983年
テンプレートを表示

深尾 光洋(ふかお みつひろ、1951年 - )は、日本経済学者慶應義塾大学商学部教授。専門は国際金融論、コーポレートガバナンス。一橋大学経済研究科教授の深尾京司は弟である。

経歴[編集]

岐阜県出身。岐阜県立岐阜高等学校を経て1974年京都大学工学部を卒業。同年日本銀行に入行。日本銀行から米国ミシガン大学に留学し1981年に経済学博士(Ph.D)を取得。その後、経済企画庁 調査局、OECD(経済協力開発機構) 金融財政政策課エコノミスト、日本銀行調査統計局参事などを経て、1997年4月から慶應義塾大学商学部教授に就任。2005年6月から2010年5月まで日本経済研究センター理事長を兼任[1]

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『為替レートと金融市場――変動相場制の機能と評価』(東洋経済新報社, 1983年)
  • 『国際金融』(東洋経済新報社, 1990年)
  • Financial Integration, Corporate Governance, and the Performance of Multinational Companies, (Brookings Institution, 1995).
  • 『コーポレート・ガバナンス入門』(筑摩書房[ちくま新書], 1999年)
  • 『日本破綻――デフレと財政インフレを断て』(講談社講談社現代新書], 2001年)
  • 『国際金融論講義』(日本経済新聞出版社, 2010年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『日本の財政・金融問題――人口高齢化と公的部門の課題』(東洋経済新報社, 1986年)
  • 『金融用語辞典』(日本経済新聞社[日経文庫], 1998年)
  • 『中国経済のマクロ分析――高成長は持続可能か』(日本経済新聞社, 2006年)

共編著[編集]

  • 植田和男)『90年代の国際金融』(日本経済新聞社, 1991年)
  • 岩田一政)『経済制度の国際的調整』(日本経済新聞社, 1995年)
  • (植田和男)『金融空洞化の経済分析』(日本経済新聞社, 1996年)
  • (岩田一政)『財政投融資の経済分析』(日本経済新聞社, 1998年)
  • (日本経済研究センター)『金融不況の実証分析――金融市場情報による政策評価』(日本経済新聞社, 2000年)
  • 吉川洋)『ゼロ金利と日本経済』(日本経済新聞社, 2000年)
  • (日本経済研究センター)『検証生保危機――データで見る破綻の構図』(日本経済新聞社, 2000年)
  • 寺澤達也小林慶一郎)『バランスシート再建の経済学』(東洋経済新報社, 2001年)
  • (日本経済研究センター)『生保危機の真実――民保が弱く簡保が強いのはなぜか』(東洋経済新報社, 2003年)
  • (日本経済研究センター)『検証銀行危機――数値が示す経営実態』(日本経済新聞社, 2003年)
  • (日本経済研究センター)『検証・日本の収益力――企業・銀行・生保の経営実態』(中央経済社, 2004年)

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 研究スタッフ 日本経済研究センター

外部リンク[編集]