汽車ポッポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

汽車ポッポ』(きしゃポッポ)とは富原薫作詞、草川信作曲の日本の童謡である。2007年(平成19年)に日本の歌百選に選出されている。

概要[編集]

1937年(昭和12年)にレコード用の童謡『兵隊さんの汽車』として世に出た。歌詞も現在のものと一部異なり、蒸気機関車(汽車)に乗って出征する兵士を見送る内容であった。

作詞者の富原は静岡県駿東郡御厨町(現在の御殿場市)で教員として働いており、旧陸軍演習場があった御殿場線御殿場駅で見た光景を歌詞にしたという。

後に川田正子の歌唱によるレコードが発売され、1945年(昭和20年)の大晦日NHKラジオの『紅白音楽試合』(NHK紅白歌合戦の前身)で川田によりこの曲が歌われることになった。その際にディレクターから終戦後の時代にあった内容への改作を依頼され、富原自身の手によって現在の題名と歌詞に改められた。

正しい歌詞は「畑も とぶ とぶ」であるが、レコードでは川田正子が間違えて「田んぼも とぶ とぶ」と歌ってしまった。しかし当時はレコードの原盤が非常に高価だったため再録音せずにそのまま発売した、と川田の甥に当たる三代目海沼実がラジオで話している。

汽車ポッポの歌詞を掲載した歌碑が長野電鉄屋代線松代駅駅前にある。松代駅に歌碑があるのは、草川が松代町(当時。現在は長野市に編入)出身だからである。

また、御殿場駅前にも御殿場線を走行したD52型蒸気機関車が2010年から「ポッポ広場」で展示保存され、歌碑が設置された。