汪時ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「汪時璟」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
汪時璟
Wang Shijing.jpg
『最新支那要人伝』(1941年)
プロフィール
出生: 1887年光緒13年)
死去: 1952年8月12日[1]
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国上海市[2]
出身地: 清の旗 安徽省寧国府旌徳県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 汪時璟
簡体字 汪时璟
拼音 Wāng Shíjǐng
注音符号 ㄨㄤ ㄕˊ ㄐ|ㄥˇ
和名表記: おう じけい
発音転記: ワン シージン
ラテン字 Wang Shih-ching
テンプレートを表示

汪 時璟(おう じけい)は、中華民国の政治家。中華民国臨時政府、南京国民政府(汪兆銘政権)において、財政関連の要職についた。翊唐

事績[編集]

日本に留学し、陸軍経理学校に入学した。卒業後は北京政府財政総長の王克敏張弧の下で秘書をつとめ、被服廠廠長も兼任した。1927年民国16年)7月、武漢市政委員会委員兼中国銀行漢口分行副経理となる。さらに、中国銀行瀋陽分行経理にも就任した。[3][4]

王克敏らが中華民国臨時政府を樹立すると、汪時璟もこれに参加した。1938年(民国27年)3月に中国聯合準備銀行総裁に就任、同月日華経済協議会委員となる。同年9月臨時政府の行政改革を行うと、10月からは財政総長を兼任。1940年(民国29年)3月、汪兆銘(汪精衛)の南京国民政府が成立すると、汪時璟は華北政務委員会常務委員兼財務総署督弁となった。[4]以後、華北河渠委員会委員、全国経済委員会常務委員、華北政務委員会経済総署督弁を歴任している。1944年(民国33年)9月、汪時璟は華北政務委員会の代表として日本を訪問し、入院中の汪兆銘を見舞った。また、日本銀行総裁の渋沢敬三との間で3億円の借款協定に調印している。[3]

日本敗北後の1945年(民国34年)12月5日、汪時璟は国民政府に北平で漢奸として逮捕され[5]南京で収監された。翌1946年(民国35年)10月15日、首都高等法院で無期懲役を言い渡される。1949年(民国37年)1月、上海市の監獄へ移送され、中華人民共和国成立後も引き続き同地で収監されている。1952年8月12日、そのまま獄中で病没した。享年66。[3][6][7]

[編集]

  1. ^ 『上海監獄志』による。余ほか(2006)、1615頁も1952年8月死去としている。徐主編(2007)、722頁は1953年死去としている。
  2. ^ 『上海監獄志』と余ほか(2006)、1479頁による。しかし余ほか(2007)の1615頁では「南京市」となっている。徐主編(2007)、722頁も南京市としている。
  3. ^ a b c 徐主編(2007)、722頁。
  4. ^ a b 東亜問題調査会編(1941)、20頁。
  5. ^ 余ほか(2006)、1479頁、1614頁。徐主編(2007)、722頁は「1946年1月逮捕」としている。
  6. ^ 余ほか(2006)、1479頁。
  7. ^ 『上海監獄志』。

参考文献[編集]

 Flag of the Republic of China 1912-1928.svg 中華民国臨時政府
先代:
(創設)
財政総長
1938年10月 - 1940年3月
次代:
(華北政務委員会
財務総署督弁に改組)
 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(臨時政府
財政総長から改組)
華北政務委員会
財務総署督弁
1940年3月 - 1943年11月
次代:
(廃止)
先代:
(新設)
華北政務委員会
経済総署督弁
1943年11月 - 1945年8月
次代:
(廃止)
先代:
張仲直
華北政務委員会
財務庁長
1945年2月 - 8月
次代:
(廃止)