江木武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

江木 武彦(えぎたけひこ、1910年 - 1998年2月16日)は、日本での話し方教室創始者。言論科学研究所所長、社団法人言論科学振興協会理事長を務め、話し方教室を開き、多くの話し方教室運営者を育成した。

略歴[編集]

  • 1910年1月9日 東京都文京区にて出生
  • 1930年 東京帝国大学卒業
  • 1930年 新聞連合社入社、発信部、政治部、北京特派員などとして勤める。新聞連合は日本電報通信社と合併し同盟通信になる
    • 同盟通信社を退社し、新民会首都指導部員になるも約1年で辞める
  • 1940年夏から 日本青年団、青少年義勇軍、学生義勇軍にかかわる。戦線鉱業に勤務。東海軍参謀部嘱託として敗戦を迎える
  • 1945年秋『新夕刊』紙の編集にたずさわるが社内事情で退社
    • 社会党書記局文化部次長になる。1950年6月の参議院選挙に立候補するが惨敗、国会議員に立候補した者が書記局に残ることはできず退職
  • 1949年1月 言論科学研究所を設立し所長になる。しかし、1954年までほとんど活動がなかった
  • 1954年10月 東京都成人学級の科目として「上手な話し方」を開設。この翌年ころから、「話し方教室」に受講者が集まるようになり、1960年代には興隆期を迎える
  • 1974年3月 社団法人言論科学振興協会に改組
  • 1979年 運営方針をめぐって退所・退部者が多数出る
  • 1996年3月 84歳。『夢を喰った男-「話し方協会」創始者江木武彦』発刊される

家族背景・江木写真館[編集]

江木武彦は、有名だった写真店江木写真館を開設した江木保男の孫である。父江木定男は農商務省官吏となり、写真館の経営に参加しなかった。母ませ子は、愛媛県令をつとめた関新平の娘で、異腹の姉に美人の誉れ高い江木欣々がいる。ませ子または欣々が鏑木清方の名作「築地明石町」のモデルだという。江木家は豊かで、家事使用人が多い時で10人、少ない時で7~8人がいたという。父定男は1921年に結核のため40歳代の若さで亡くなるが、実力ある友人が多く、父没後も、それら友人たちが武彦を盛りたててくれた。

  • 江木衷は、同姓であるが、もともとは親戚関係でない。しかし、母の姉欣々の結婚相手であり、伯父となった。江木翼は、衷の兄弟の養子にあたる。
  • 「母の死は、母が築いた江木というわたくしたちの家族を核分裂させ、江木写真館との縁が切れ、兄は兄、姉一家は姉一家、わたくしはわたくしとなってしまいました」[1]

遊び好き[編集]

とんでもなく遊べる実家と時代であり、遊び好きだった。

  • 福岡高校時代「東京を離れること300里、親の目が届かない」「酒をボロクソに飲むことを覚えました」「毎晩・・・グデングデンになって肩を組んで大声で歌って歩いたり、ゲロをはいて介抱されたり」[2]
  • 大学時代「よく行ったのが、手軽に行けた白山。ちょいちょい行ったのが、割合手軽な深川門前仲町。そこの多津本という小待合のおかみには、世話になりました」「大学卒業記念に・・・江木写真館の店の者を招待して、深川中の主だった御酌と芸者をずらりとならべたので、あきれられたり、おこごとを喰ったりした」[3]
  • 新聞連合社時代「選挙手当を飲みつくしてアパートに帰ったのが2月25日夜(1936年)でした(注:2.26事件の朝)」「北京に特派されることになりました・・・持っている金を使い尽くすまで、ハルピンで遊びました」[4]
  • 新民会時代「日本の現実に疑問を持ったのです。いや、疑問を抱きながら実は何もしないで、宣撫班の連中と宴会で飲み、中国人の連中と宴会で飲む、軍の人に呼ばれてまた飲む――まあ、朝から晩まで、宴会だ、宴会だというような日々を過ごしていた」[5]
  • 学生義勇軍立上げ「当時の司法大臣風見章さんに相談(注:学生訓練のためのお金の無心)に行きました。・・・袋ごと渡されたのです。たしか4500円(注:初任給50~60円と考えると、70か月分以上)でした。・・・実はわたくしも新橋、柳橋、赤坂などで遊びほうだい遊んで、それでだいぶ首が廻らなくなっていたのです。・・・風見さんからありがたく頂戴し、半分を井上君に渡し、あとの半分の大部分で借金を払い」[6]
  • 『新夕刊』時代「結局は、酒を飲みまくって、飲みつぶす」[7]

学生義勇軍[編集]

大学生らが、毎休暇ごとに開かれる「訓練」に、日本各地から交通費自弁で、2~3週間を労働に従事して自己鍛錬をする活動があった。これを「学生義勇軍」と言った。

  • 江木武彦は、これに推進役として参加した。参加者との座談会で雄弁をふるい、また学期中は各地の大学高専をまわって演説をぶった。

参考文献[編集]

  • 『夢を喰った男-「話し方協会」創始者江木武彦』あずさ書店、1996年3月、ISBN4900354481

脚注[編集]

  1. ^ 『夢を喰った男-「話し方協会」創始者江木武彦』99ページ
  2. ^ 『夢を喰った男-「話し方協会」創始者江木武彦』54ページ
  3. ^ 『夢を喰った男』76~77ページ
  4. ^ 『夢を喰った男』74ページ
  5. ^ 『夢を喰った男』84~85ページ
  6. ^ 『夢を喰った男』88~90ページ
  7. ^ 『夢を喰った男』106ページ