水沢薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水沢 薫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県
生年月日 1965年2月18日
没年月日 2014年1月10日(満48歳没)
身長
体重
183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1995 - 2006)

水沢 薫(みずさわ かおる、1965年2月18日 - 2014年1月10日)は、秋田県出身の元プロ野球選手投手)。

現役時代は140km/h台の速球シュートを中心とする投球スタイルだった[1]

来歴・人物[編集]

秋田商では3年夏に秋田県大会決勝で秋田経法大付属に敗れるなど、全国大会への出場はなかった[1]。素質を評価され[1]、高校卒業後は社会人野球河合楽器に進んでいる。1986年日本選手権では1回戦の対日本生命戦で田島俊雄に投げ勝つなど、ベスト8進出に貢献した。同年のドラフト会議読売ジャイアンツ阪神タイガースロッテオリオンズの3球団から2位で指名を受け、巨人が交渉権を獲得。担当スカウトは中村和久で、契約金と年俸それぞれ5,500万円、600万円(いずれも推定)、背番号は19で入団が決まった[2]

1年目の1987年にはイースタン・リーグで8セーブポイントを挙げ、西本和人とともにファームの最優秀救援投手のタイトルを獲得した[3]。しかしその後は故障などが続き、一軍での登板がないまま1993年に現役を引退。1995年から2002年2004年および2006年は二軍、2003年2005年は一軍でトレーニングコーチを務め[4]、2008年からは球団運営部一軍監督付となり、原辰徳監督のサポートに尽力した。

2014年1月10日、肝不全のため48歳の若さで死去[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 19 (1987年 - 1988年)
  • 57 (1989年 - 1992年)
  • 100 (1995年)
  • 90 (1996年 - 1999年、2006年)
  • 86 (2000年 - 2005年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 読売新聞、1986年12月6日付朝刊、P.17
  2. ^ 読売新聞、1986年12月12日付朝刊、P.17
  3. ^ 読売新聞、1987年10月2日付朝刊、P.17
  4. ^ スポーツ報知 巨人 監督・コーチングスタッフ
  5. ^ 元巨人水沢薫氏が死去 原監督を支える2014年1月10日 nikkansports.com

関連項目[編集]