武藤泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武藤 泉(むとう いずみ、1963年4月 - )は金属工学研究者、東北大学大学院工学研究科准教授工学博士

数学者群馬大学教育学部長などを歴任した武藤英男は叔父にあたる。

経歴[編集]

  • 群馬県生まれ。1982年高崎高校卒業、1986年東北大学工学部卒業、1988年東北大学大学院工学研究科(金属工学専攻)修士課程修了。
  • 1988年新日本製鐵(新日鉄)入社。同社第二技術研究所、鉄鋼研究所、技術研究部(1994年より主任研究員)などに勤務。
  • 1998年東北大学大学院工学研究科(金属工学専攻)博士課程修了。
  • 2005年東北大学大学院工学研究科助教授(現・准教授)に就任。
  • ステンレス鋼の耐食性についての実践的な研究が評価され、1997年(社)腐食防食協会より進歩賞、2004年(社)日本金属学会より技術開発賞を授与される[1]
  • 各種のステンレス鋼をはじめとする様々な特性を有する金属材料や防食技術などに関する特許67件を有する[2]

脚注[編集]

  1. ^ 大気暴露実験によるステンレス薄板構造材の耐久性評価(PDF文書)[リンク切れ]
  2. ^ ReaD 研究者(詳細情報)武藤 泉