正午から3時まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正午から3時まで
From Noon till Three
監督 フランク・D・ギルロイ
脚本 フランク・D・ギルロイ
原作 フランク・D・ギルロイ
製作 M・J・フランコヴィッチ
ウィリアム・セルフ
出演者 チャールズ・ブロンソン
ジル・アイアランド
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 ルシアン・バラード
編集 モーリー・ワイントローブ
製作会社 フランコヴィッチプロダクションズ
ウィリアム・セルフプロダクションズ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年8月[1]
日本の旗 1977年4月9日[2]
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

正午から3時まで』(しょうごからさんじまで、From Noon till Three)は1976年アメリカ合衆国の映画。

本作は、監督も務めるフランク・D・ギルロイ自身の小説『正午から3時まで』が原作である。

あらすじ[編集]

強盗団の一人グラハム・ドーシーは銀行強盗実行前日、強盗に失敗する夢を見た。

翌日、馬に乗り町に向かったが途中でのっている馬がだめになってしまう。代わりの馬を探しに民家を訪ね、そこで未亡人のアマンダと出会う。アマンダは馬は一頭もいないと言ったが、ドーシーが調べると馬はいた。しかしドーシーは、強盗仲間に馬はいないと言い民家に残ることにする。残りの4人で強盗をしてくるという仲間を待つことになった。ドーシーはアマンダと関係を持とうとするがアマンダは拒んでいた。しかしだんだん惹かれあっていき、2人は恋人同士となった。

その後、ドーシーの仲間が強盗に失敗したという知らせを聞かされ、アマンダはドーシーに仲間を助けに行かせる。一方、ドーシーは助けるつもりはなく、休憩していた歯科医の服と換え身代わりにする。しかし、その歯科医の詐欺容疑で刑務所に入ることになった。アマンダは、ドーシーが死んだと思い落胆していた。そんな中、町の人が連れてきた小説家が2人の話を小説にしたいという。そして、その小説は世界中でベストセラーとなり一躍有名人となる。

その後、出所したドーシーはアマンダに会うために町に来るが...。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TV版
グラハム チャールズ・ブロンソン 森山周一郎
アマンダ ジル・アイアランド 小沢寿美恵
バック・バウワー ダグラス・V・フォーリー 塩見竜介
フォスター ハワード・ブルーナー 城山堅
エイプ スタン・ヘイズ 大山高男
ボーイ デモン・ダグラス 広瀬正志
メキシコ人 ヘクター・モラレス 緒方賢一
コーディ・テイラー マイケル・ルクレア 三ツ矢雄二
エドナ ベティ・コール 巴菁子

TV版:初回放送 1981年3月2日TBS月曜ロードショー』※DVD収録

  • 演出:伊達康将、翻訳:岩佐幸子、調整:山田太平、制作:東北新社

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for From Noon till Three”. IMDb. 2011年12月28日閲覧。
  2. ^ 正午から3時まで”. キネマ旬報社. 2011年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]