極魔界村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
極魔界村
Ultimate Ghosts 'n Goblins
極魔界村 改
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation Portable
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1人
発売日 2006年8月3日
改:2007年8月2日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRB:E10+
OFLC:PG
PEGI:7+
テンプレートを表示

極魔界村』(ごくまかいむら)は、2006年8月3日カプコンから発売されたPlayStation Portableゲームソフト。日本国外版のタイトルは Ultimate Ghosts 'n Goblins。1年後の2007年8月2日には価格を引き下げ、従来のスタイルのモードを搭載した『極魔界村 改』(ごくまかいむら かい)が発売されている。

概要[編集]

カプコンの看板アクションゲーム『魔界村』シリーズの第4作。シリーズ生みの親である藤原得郎がディレクターを担当している。1991年にSFC向けにリリースされた『超魔界村』から数えて15年振りとなる完全新作であり、最新携帯ゲーム機用に製作されたことでグラフィックやサウンドなども大幅に進化している。また、従来のオーソドックスな2ダメージ制・2週制のシステムに代わり、その場での復活や鎧の耐久値を持たせたモード、武器や鎧、盾の増加、探索要素の採用など新たな試みも取り入れられている。

システム[編集]

上撃ち・下撃ちや二段ジャンプに加えて、ぶら下がりやダッシュ移動など、多彩なアクションが可能になった。また、武器や魔法、鎧の種類も増えたほか、しゃがむことで一部の攻撃を防御できる様になる盾も導入された。

武器や魔法も仕様が変更された。武器は「POW」というアイテムを取ることで威力や連射性、射程距離が上がる。魔法は各ステージに隠されている魔力水晶を手に入れることで使用可能になり、共通の魔力ゲージを消費して発動する。また、鎧に応じて魔力Lvが上昇し、魔力がより強力となる。

最大の変更点はゲーム性その物の変化である。隠された33個の「光のリング」を全て集めることで初めてラストボスとの戦闘が可能になる、各ステージに点在している材料を魔女に渡すと特殊アイテムが入手できる、など探索要素を強く打ち出した内容となっている。

ゲームモード[編集]

本作では、3種類のゲームモードが用意されている。

オリジナルモード
基本のモード。鎧に耐久力が設定されている、ミスした場合もその場で復活できるなど、従来とは異なる仕様になっている。
ビギナーモード
初心者用に、以下の様な調整が加えられたモード。
  • 一部のトラップが作動しなくなる。
  • 敵から攻撃を受けても吹っ飛ばなくなる。
  • ミスした際に、武器がパワーアップした状態で復活できる。
アーケードモード
上級者用に、以下の様な調整が加えられたモード。
  • 従来通り、敵の攻撃を受けると鎧が一撃で剥がされる。
  • ミスした場合、ステージの最初からやり直しとなる。また、そのステージで取得したアイテムも再び集め直す必要がある。

武器[編集]

ヤリ
初期装備。水平に飛んでいくオーソドックスな武器。
大ヤリ
敵を貫通しながら水平に飛んでいく巨大なヤリ。威力は高いが、連射はできない(パワーアップすると2連射可能)。
短剣
水平に飛んでいく短剣。威力は低いが、連射が利くので扱いやすい。
火炎瓶
放物線を描いて飛ぶ瓶。地面に着弾すると燃え上がる。
火薬玉
敵に着弾するか、地形を一定時間転がると爆発する玉。火炎瓶とほぼ同性能。
鎌ブーメラン
水平に飛んでから、ブーメランの様にアーサーの元へ戻ってくる鎌。アイテムを引き寄せることも可能。
スワローブレード
敵を追尾して飛ぶ武器。連射ができず威力も低いが、パワーアップさせることでこれらの弱点は解消される。
棘のムチ
棘の付いた茨のムチを振るう。鎌ブーメラン同様、アイテムを引き寄せることができる。威力は高いが、射程距離は短い。
電撃のムチ
電撃を纏ったムチを振るう。棘のムチと同性能だが、威力は全ての武器の中でトップクラス。
散弾クロスボウ
複数の矢を多方向へ放つ武器。威力は低いが、パワーアップさせることで非常に広範囲の敵を攻撃できるようになる。
火矢クロスボウ
火の付いた矢を水平に放つ武器。射程距離はあまり長くない。
電撃クロスボウ
電撃を纏った矢を水平に放つ武器。敵を貫通する上に、威力や射程、連射性も優れている。

魔力[編集]

爆発の魔力 - 消費魔力:4
アーサーを中心に爆発を起こし、広範囲を攻撃する。レベルアップすると威力が上昇し、攻撃範囲が広がる。
火炎の魔力 - 消費魔力:5
前方に火炎を放つ。火炎は敵や地形を貫通し、連続ヒットする。レベルアップすると威力が上昇し、炎が太くなる。
無敵の魔力 - 消費魔力:10
敵の攻撃を防ぐバリアを発生させる。バリアは敵に当てて攻撃にも利用できる。レベルアップすると、バリアの数が増える。
時の魔力 - 消費魔力:6
時を操り、敵や一部トラップのスピードを遅くする。レベルアップすると効果時間が伸び、レベルが最大になると完全に時を止める。
封印解除の魔力 - 消費魔力:8
封印の施された扉を開けることができる。
改では消去され、魔力が無くても封印された扉を開けることが可能。
カマイタチの魔力 - 消費魔力:2
自らをカマイタチにし、空を飛ぶ。敵に体当たりも可能だが、その度に魔力を消費していく。
石化の魔力 - 消費魔力:3
敵を石にし、足場として利用可能になる。また、墓石などの石化状態を解除し、隠されたアイテムを入手できる。
パワーアップの魔力 - 消費魔力:10
武器をパワーアップさせる。
発見の魔力 - 消費魔力:2
隠された宝箱を探し当てる。
波動の魔力 - 消費魔力:3
巨大な波動を放つ。波動は敵を貫通し、敵の攻撃や一部トラップをかき消す。レベルアップすると威力が上昇し、波動が大きくなる。
改ではこの魔力を装備していないと2周目の最終ボスと戦うことが出来ない。

アイテム[編集]

[編集]

  • 騎士の鎧 - 耐久力:2 魔力Lv:1
初期装備。
  • 勇者の鎧 - 耐久力:1 魔力Lv:2
騎士の鎧を装備した状態で、鎧アイテムを入手すると装備。ダメージを受けると、騎士の鎧になる。
  • 覇王の鎧 - 耐久力:1 魔力Lv:3
勇者の鎧を装備した状態で、鎧アイテムを入手すると装備。ダメージを受けると、勇者の鎧になる。
  • 魔の鎧(正) - 耐久力:2 魔力Lv:2
魔の鎧を得た時にランダムで装備。魔力消費量が半分になり(改では魔法のチャージ速度上昇)、移動も常にダッシュ状態となる。改ではジャンプの飛距離も大きくなる。
  • 魔の鎧(負) - 耐久力:4 魔力Lv:1
魔の鎧を得た時にランダムで装備。耐久力は高いが、魔力消費量が二倍になり(改では魔力使用不可)、移動速度が遅くなる。改ではジャンプの飛距離も短くなる。
  • 暗黒の鎧 - 耐久力:4 魔力Lv:使用不可
魔力と盾が使えなくなるが、武器が常にパワーアップ状態となる。
  • 堕天使の鎧 - 耐久力:2 魔力Lv:2
常に飛行が可能になる。「堕天使の羽」を入手していないと装備できない(改では最初から装備可能)。

[編集]

  • ひび割れた盾 - 耐久力:2
  • 騎士の盾 - 耐久力:4
  • 覇王の盾 - 耐久力:8
  • 魔人の盾 - 耐久力:2 - 4(ランダム)
    攻撃を防御すると、魔力が回復する。
  • 飛竜の盾 - 耐久力:4
    一定時間飛行が可能になる。
  • 無限の盾 - 耐久力:無限
    攻撃を防御すると、魔力が回復する。

改では敵の体当たりも防御できるが、体当たりを防御すると種類・耐久力に関わらず盾は一撃で破壊される。

その他[編集]

  • 跳ね馬のブーツ
二段ジャンプが可能になる。また、二周目にもう一足入手でき、最終的に三段ジャンプが可能になる。
  • 堕天使の羽
「堕天使の鎧」が装備可能になる。
  • 騎士の魂
敵から受けるダメージが半分になる。ただし、アーケードモードでは無効。
  • 駿馬の魂
移動速度が上昇する。二周目限定アイテム。
  • 魔力のペンダント
魔力消費量が半分になる。(魔の鎧(正)の効果とは重複しない)
改では魔力のチャージ速度が上昇する。さらにもう一つ入手すると、魔力Lvが常に3となる(二つ入手しても魔天のペンダントへ変化はしない)。
  • 魔天のペンダント
魔力のペンダントを二つ入手すると変化。魔力消費量が半分になり、また魔力Lvが常に3となる。
  • ワープスピア
各ステージを行き来可能になるアイテム。使用すると魔力を10消費する(魔の鎧(正)を装備している、またはペンダントがある場合は5)。
  • POW
武器をパワーアップさせるアイテム。威力を上げる赤、連射性や射程を上げる青の二種類がある。
  • 光のリング
1周目と2周目の最期のボスの部屋の封印を解くのに必要なアイテム。改では後述の通り。
  • 妖樹の葉、人喰い花の葉、呪い草の葉
赤バラの魔女が実験材料に欲するアイテム。
  • 黄泉ガエルの血、不老ドリの血、黄金ヤギの血
黄バラの魔女が実験材料に欲するアイテム。
  • 百年ヘビの脱穀、一角牛の骨、八つ目魚の目
青バラの魔女が実験材料に欲するアイテム。

改ではゲーム性の変化に伴い、魔力のペンダントとPOW、光のリング以外のアイテムは消去されている。

コマーシャル[編集]

前作『超魔界村』から約15年振りの完全新作とあって、コマーシャルの作りも凝っている。*アーサーの決意というバイラルCMとして配信されていた。内容としては、約15年前の戦い以来すっかり現役から退いて、日本で平和な暮らしをしていたアーサーのインタビュー形式で進められる。クリエイティブディレクターはイシイノブユキ、監督はCMディレクターの松原剛、アーサー役は俳優の黒田アーサーが務めた。

アーサーは前回の戦いの折、多額の報奨をもらっており、それにより悠々自適な隠居生活を送っていた。しかし新聞記事でプリンセスが再びさらわれたことを知り、再び魔界村へ赴くべく15年のブランクを取り戻すためトレーニングに励み復活を遂げ、埃をかぶっていた鎧を身にまとい、再び魔界村へ赴くという内容であった。この鎧は段ボール製の簡素なもので、「アーサーの鎧は弱い」というイメージ通り洒落の効いたものとなっている。

バイラルCMとして配信された他、CM専用サイトでも公開されていた(現在公開は終了している)。

改での変更点[編集]

改ではオリジナルの『極魔界村』に加えて、以下のような調整の施されたモードが搭載されている。

  • 従来のように2周制となり、探索要素は補助的なものへと仕様変更。
  • 敵の出現位置や耐久力を再調整。
  • 鎧(特に魔の鎧)と盾の性能を変更。
  • 魔力の発動方法を従来のようにタメで発動に変更。タメの速度は魔力によって変わる。
  • コンティニューは回数制。「光のリング」は3個獲得でコンティニュー回数が増える仕様に変更。
  • 2段ジャンプが最初から使用可能、ダッシュを削除など、アーサー自体の性能も変更。
  • 一部魔力やアイテムの消去。

外部リンク[編集]