有馬頼ゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「有馬頼徸」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
 
有馬頼徸
時代 江戸時代中期
生誕 正徳4年11月25日1714年12月31日
死没 天明3年11月23日1783年12月16日
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従四位下、左少将、玄蕃頭、中務大輔
幕府 江戸幕府
筑後国久留米藩
氏族 摂津有馬氏
父母 父:有馬則維、母:小林氏
兄弟 則矩、大二郎、則如頼徸則恵
正室:京極宮家仁親王の娘
頼貴

有馬 頼徸(ありま よりゆき)は、江戸時代中期の大名数学者和算家)。筑後国久留米藩の第7代藩主。久留米藩有馬家8代。

数学者としては関流算術を修め、当時最高水準の和算書『拾璣算法』を著した「算学大名」として著名である。一方為政者としては、久留米藩歴代中最長の治世(54年)を保ち、窮民救済などに意を払ったものの、大規模な一揆も発生しており、平坦なものではなかった。

生涯[編集]

正徳4年11月25日(1714年12月31日)第6代藩主・有馬則維の四男として生まれる。

享保14年(1729年)父の隠居により16歳で家督を継いで藩主となる。しかし若年のため、元文2年(1737年)までは重臣が藩政を担った。頼徸が政務を執り始めたこの年、久留米藩で飢饉が起こる。頼徸は領民を救うため、救済金・救済米を施した。広く優れた意見を求め、徳川吉宗に倣って目安箱を設置し、庶民の娯楽として猿楽などの興行も奨励した。

当時、九州の各藩で飢饉が起こり、それによって百姓一揆が頻発していた。久留米藩でも頼徸の善政にもかかわらず発生してしまう。頼徸はこれに対して一揆側の首謀者全員に加え、藩の責任者である家老の稲次因幡・有馬石見らも処刑するという厳しさを見せた。一方でこれらを慰めるために五穀神社祭礼を行なっている。

天明3年11月23日(1783年12月16日)70歳で死去。跡を長男・頼貴が継いだ。

学問藩主として[編集]

頼徸は有職故実や様々な法令の知識に優れており、学問にも長けていた。特に頼徸が優れていたのは和算であり、流の教えを継ぐ山路主住に師事してこれを学んだ。それまで52桁しか算出されていなかった円周率をさらに30桁算出し、小数の計算まで成立させた。明和6年(1769年)には豊田文景の筆名で『拾璣算法』5巻を著した。これは関孝和の算法をさらに研究し、進めた成果をまとめたものである。

評価[編集]

幕府からその才能を認められて江戸増上寺の御火消役に任じられると共に、官位もそれまでの歴代藩主より上の左少将に叙任された。また将軍が狩猟で仕留めたを拝領できる「国鶴下賜」を3度も受けている。これは徳川御三家伊達氏島津氏前田氏などの大藩しか賜れず、有馬氏は頼徸の時代に大大名と肩を並べる厚遇を受けた。

頼徸の治世は54年の長きに渡り、また頼徸自身が優れた藩主だったこともあって、久留米藩の藩政は比較的安定した。その治績から頼徸は久留米藩の吉宗と賞賛されるに至った。また頼徸と同時期の教養人、新発田藩溝口直温松江藩松平宗衍と並んで風流三大名と称される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]