明日に向かってハイキック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明日に向かってハイキック
ジャンル 連続ドラマ
放送期間 2009年 - 2010年
放送国 韓国、日本
制作局 MBC
企画 クォン・イクチュン [1]
演出 キム・ビョンウク、キム・ヨンギ、チョ・チャンジュ
脚本 イ・ヨンチョル、イ・ソジョン、チョ・ソンヒ
出演者 イ・スンジェ
チョン・ボソク
シン・セギョン
ユン・シユン
ファン・ジョンウム
外部リンク 公式サイト(日本語)
テンプレートを表示
明日に向かってハイキック
各種表記
ハングル 지붕뚫고 하이킥
漢字
発音 チブントゥルコ・ハイキク
テンプレートを表示

明日に向かってハイキック』(あすにむかってハイキック、지붕뚫고 하이킥)は、韓国MBC2009年から2010年にかけて月曜から金曜の毎夜7時45分から放送されたテレビドラマシットコム)。全126話。[1]

日本では、BS11で字幕放送された[2]。原題の日本語訳は『屋根を突き破ってハイキック』[3]

概要[編集]

人気作『思いっきりハイキック』(2006年 - 2007年) に続くハイキックシリーズの第2シリーズ。前シリーズと同じくプロデューサーのキム・ビョンウクが演出を担当して、前作同様の人気を得た[4]。本作は、老若それぞれの恋愛や社会格差、若者の就職難など多様な主題をシットコム独特の笑いと共に表現した[5]

シットコムの通例として各話は30分弱。多くの俳優や女優が本名か、それに近い名で登場して、新人の登龍門的ドラマになっている。全126話中、多くの回で有名ゲストが登場した。前作の舞台は漢方医院であったが、設定が変更され、登場人物も異なっている。チョン・ヘリ役の子役チン・ジヒがドラマの中で叫ぶ悪口の「빵꾸똥꾸」[注 1](パンクットンク) が韓国で流行語となった[5]。チョン・ジュニョク役のユン・シユン、カン・セホ役のイ・ギグァンのドラマ・デビュー作である[3]

本作に続く第3作目の『ハイキック3~短足の逆襲~』は10%前後の低視聴率で終わっている[4]

登場人物[編集]

シン・セギョン - シン・セギョン
主人公。山奥で父と妹の3人で暮らしていたが、借金取りに追われ、妹のシネと一緒にソウルにやって来た。イ家の家政婦となる。
シン・シネ - ソ・シネ
セギョンの妹。学校に行っていなかったが、小学校に通うようになる。
イ・スンジェ - イ・スンジェ
イ・スンジェ食品社長。妻に先立たれている。ヒョンギョンの高校に給食を卸している。放屁癖がある。
イ・ヒョンギョン - オ・ヒョンギョン
スンジェの娘。高校の体育教師で、テコンドーの達人。
チョン・ボソク - チョン・ボソク
ヒョンギョンの夫でイ・スンジェ食品副社長。初歩的な計算を間違えたりして、社長のスンジェに怒鳴られる。取引先の日本人女性たちに人気があるため「ボ様」と呼ばれ、また「ナカムラさん」(代表的な日本人の姓とされる)と揶揄されることがある。
チョン・ジュニョク - ユン・シユン
ヒョンギョン夫婦の息子。高校生。両親に似て勉強は苦手。不良っぽい。
チョン・ヘリ - チン・ジヒ
ヒョンギョン夫婦の娘 。小学生。甘やかされていて、わがまま。兄同様勉強は苦手。
イ・ジフン - チェ・ダニエル
スンジェの息子。外科医。
キム・ジャオク - キム・ジャオク
ヒョンギョンの高校の教頭。スンジェの恋人で、少女趣味。
ファン・ジョンウム - ファン・ジョンウム
キム・ジャオクの家に下宿している。ソウル大生と勘違いされ、 ジュニョクの家庭教師となる。大田 (テジョン) 出身[要出典]。「ソウン」大学文学部英文学科在学。ヒリという名の犬を飼っている。
ジュリアン - ジュリアン・カン
キム・ジャオクの家に下宿している。セギョン姉妹の恩人。
ユ・インナ - ユ・インナ
キム・ジャオクの家に下宿している。グァンスの恋人で歌手志望。
イ・グァンス - イ・グァンス
キム・ジャオクの家に下宿している。インナの恋人で歌手志望。
カン・セホ - イ・ギグァン (BEAST)
ジュニョクの友人の高校生。成績優秀でダンスがうまい。ジョンウムに恋するが相手にされない。

スタッフ[編集]

  • 企画 - クォン・イクチュン [1]
  • 脚本 - イ・ヨンチョル、イ・ソジョン、チョ・ソンヒ
  • 演出 - キム・ビョンウク、キム・ヨンギ、チョ・チャンジュ

受賞[編集]

  • 2010年 第46回百想芸術大賞 テレビ部門 芸能作品賞 - キム・ビョンウクほか [6]
  • 2010年 第46回百想芸術大賞 テレビ部門 女性新人演技賞 - ファン・ジョンウム

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第52話9分にハングル表記の字幕あり。日本語字幕では「クソバカ」。

出典[編集]

  1. ^ a b c 지붕 뚫고 하이킥” (韓国語). 映画. ダウム. 2013年4月19日閲覧。
  2. ^ ドラマ 明日に向かってハイキック【HDノーカット版】” (日本語). BS11. 2013年4月19日閲覧。
  3. ^ a b 明日に向かってハイキック : 公式サイト” (日本語). コリア・エンターテインメント. 2013年4月19日閲覧。
  4. ^ a b シットコム「ハイキック3」” (日本語). 中央日報 (2012年3月30日). 2013年4月19日閲覧。
  5. ^ a b シットコム「ハイキック」” (日本語). 中央日報 (2010年3月20日). 2013年4月19日閲覧。
  6. ^ 第46回百想芸術大賞” (韓国語). 映画. ネイバー. 2013年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]