愛に迷った時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛に迷った時
Something to Talk About
監督 ラッセ・ハルストレム
脚本 カーリー・クーリ
製作 アンシア・シルバート
ポーラ・ワインスタイン
出演者 ジュリア・ロバーツ
デニス・クエイド
音楽 ハンス・ジマー
グレアム・プレスケット
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
編集 ミア・ゴールドマン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年8月4日
日本の旗 1996年1月27日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $50,865,589[1]
テンプレートを表示

愛に迷った時』(原題: Something to Talk About)は、1995年アメリカ映画

ストーリー[編集]

ある日、グレイスは夫エディが浮気していることを知る。これに憤慨した彼女は、娘を連れて姉の家に出て行ってしまう。後にエディが謝罪に来るも、グレイスの気持ちは納まらず、今までの夫婦生活や家族関係に関する不満を爆発させてしまう。そして彼女は、これからの人生について再び考えるのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
グレイス・ビション ジュリア・ロバーツ 塩田朋子
エディ・ビション デニス・クエイド 大塚芳忠
ワイリー・キング ロバート・デュヴァル 大木民夫
ジョージア・キング ジーナ・ローランズ 翠準子
エマ・レイ・キング キーラ・セジウィック 藤木聖子
キャロライン・ビション ヘイリー・オール 川田妙子

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Something to Talk About” (英語). Box Office Mojo. 2011年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]