ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ホークス
ハワード・ヒューズを売った男
The Hoax
監督 ラッセ・ハルストレム
脚本 ウィリアム・ウィーラー
原作 クリフォード・アーヴィング
ザ・ホークス 世界を騙した世紀の詐欺事件
製作 マーク・ゴードン
レスリー・ホールラン
ジョシュア・D・マウラー
ベッツィ・ビアーズ
ボブ・ヤーリ
製作総指揮 アンソニー・カタガス
ゲイリー・レヴィンソン
出演者 リチャード・ギア
音楽 カーター・バーウェル
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 アンドリュー・モンドシェイン
製作会社 ミラマックス
ボブ・ヤーリ・プロダクションズ
マーク・ゴードン・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 イタリアの旗 2006年10月20日
アメリカ合衆国の旗 2007年4月6日
日本の旗 2011年4月30日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $7,164,995[1]
世界の旗 $11,772,461[1]
テンプレートを表示

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』(- をうったおとこ、The Hoax)は2006年アメリカ合衆国の映画

1970年代初頭に、大富豪ハワード・ヒューズの自伝を捏造して金をだまし取るという詐欺事件を起こした作家クリフォード・アーヴィング (Clifford Irvingが、事件の顛末を自らまとめた回顧録『ザ・ホークス 世界を騙した世紀の詐欺事件』を原作としている。

ストーリー[編集]

1971年ニューヨーク。売れない作家クリフォード・アーヴィング(リチャード・ギア)は、新作を出版社に売り込んでは却下される日々を送っていた。ある日、マグロウヒル出版のアンドレア(ホープ・デイヴィス)に、今世紀最大の作品を持ってくると言ってしまい窮地に立たされるアーヴィングだったが、変わり者で隠遁生活を送っている有名な大富豪ハワード・ヒューズのニセ自伝を書くことを思いつく。実際に彼に会ったことのある人間はほとんどおらず、表舞台にも出てこない。早速、ヒューズの筆跡をまねた依頼の手紙を手に、アーヴィングはマグロウヒル社に乗りこみ、筆跡鑑定で本物と出たことで話を進めていく。並行してアーヴィングの親友でリサーチの腕があるディック・サスキンド(アルフレッド・モリナ)と共にヒューズの情報収集に走る。アーヴィングはウソを散りばめた巧みな話術で、マグロウヒル社会長のシェルトン(スタンリー・トゥッチ)らを説得、ついにヒューズの分と合わせて110万ドルの報酬を得ることに成功する。ヒューズ名義の小切手は、アーヴィングの妻エディス(マーシャ・ゲイ・ハーデン)が偽名でスイスに口座を作り換金する。同じ頃、アーヴィングの家に段ボール箱が届く。中身はニクソンらに対してヒューズが渡したワイロなどの記述だった。だが、ヒューズの顧問弁護士から抗議があったことで、アーヴィングのウソは少しずつほころびを見せていく。一方、ヒューズの自伝の話はホワイトハウスにも届いていた。資金提供などの情報が漏れることを恐れたニクソン陣営は、民主党本部が本を手にしているかを偵察させる。これが後の“ウォーターゲート事件”である。そんな中、アーヴィングはエディスから家を出ていくと告げられ、別れたはずの愛人ニーナ・ヴァン・パラント(ジュリー・デルピー)との復縁について聞かれた彼は、妻を繋ぎとめるためここでもウソをつく。ウソにまみれた彼の精神は異常を示し始め、アーヴィングは自分がハワード・ヒューズそのものであるかのような錯覚に陥っていく。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The Hoax (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]