強迫/ロープ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
強迫/ロープ殺人事件
Compulsion
監督 リチャード・フライシャー
脚本 リチャード・マーフィ
原作 メイヤー・レヴィン
製作 リチャード・D・ザナック
音楽 ライオネル・ニューマン
撮影 ウィリアム・C・メラー
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年4月1日
上映時間 103分
99分(FMCライブラリ収録版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,345,000[1]
テンプレートを表示

強迫/ロープ殺人事件』(きょうはく/ろーぷさつじんじけん、Compulsion)は、1959年アメリカ映画。別題は『動機なき殺人』。

レオポルドとローブの事件を題材にした作品。

ストーリー[編集]

アーティ・ストラウスとジャド・スタイナーは、完全犯罪を成し遂げるべく一人の少年を殺害した。しかし、スタイナーが現場に眼鏡を置き忘れたことで二人の犯行が明るみになり逮捕された。そして裁判にかけられた二人の少年の弁護は高名な弁護士であるジョナサン・ウィルクが担当することになった。

キャスト[編集]

役名 俳優 説明
ジョナサン・ウィルク オーソン・ウェルズ 弁護士
ルース・エヴァンス ダイアン・ヴァーシ
ジャド・スタイナー ディーン・ストックウェル 学生、犯人
アーティ・ストラウス ブラッドフォード・ディルマン 学生、犯人
ヘロルド・ホーン E・G・マーシャル 地区検事
シド・ブルックス マーティン・ミルナー
マックス・スタイナー リチャード・アンダーソン

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. ISBN 978-0-8108-4244-1. p252
  2. ^ Festival de Cannes: Compulsion”. festival-cannes.com. 2009年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]