幻想即興曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幻想即興曲
Fan Imp Chopin.png
フレデリック・ショパン
別名 即興曲第4番 嬰ハ短調
形式 即興曲複合三部形式
調拍子 嬰ハ短調、2/2
テンポ アレグロ・アジタート 速度指定なし
出版年 1834年
制作国 フランスの旗 フランス パリ
作品番号 Op. posthumous 66
献呈 なし
プロジェクト:クラシック音楽
Portal:クラシック音楽
テンプレートを表示

幻想即興曲(げんそうそっきょうきょく、Fantaisie-Impromptu)作品番号66は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパン1834年に作曲したピアノ曲である。ショパンが作曲した4曲の即興曲のうち、最後に出版されたもの。

数あるピアノ曲の中で、最もよく知られる作品のひとつ。現在の版はショパンの死後友人のユリアン・フォンタナが改稿し発表したもので、「幻想」の題も彼によって付けられた。

主部では、左手は1拍が6等分、右手は1拍が8等分されたリズムとなっている。

曲の構成[編集]

複合三部形式(A - B - A')による即興曲。ベートーヴェン月光と調性、構成、雰囲気が類似している。 

Allegro agitato (A)
嬰ハ短調、序奏 + 三部形式(a - b - a) + 経過句。右手部分と左手部分のリズムが異なる。
Largo - Moderato cantabile (B)
変ニ長調、序奏 + 三部形式(a - a' - b - a')。後半のb - a'は若干変化して繰り返される。
Presto (A'…フォンタナ版による。改訂版ではTempo I
嬰ハ短調、三部形式。Aとほぼ同じだが、少し速度が速い。
コーダ
Bの主題が左手部分で回想され、静かに終わる。

公表の経緯[編集]

ユリアン・フォンタナがショパンの遺品の中にあったこの曲に手を加え、『幻想即興曲』と題して1855年に出版した。ショパン自身は単に即興曲と題したのみであった。ショパンは「自分の死後、この楽譜を燃やして処分して欲しい」と頼んだが、フォンタナが遺言にそむいて公表したとも言われる。

ショパンがこの曲を生前公表しなかった理由については、諸説あり定かではない。冒頭部分(7-8小節)がベートーヴェンピアノソナタ第14番「月光」第三楽章のカデンツァ(189小節)に非常に似ていることを気にした、本人にとっては失敗作であり気に入らなかった、などが考えられている。[1]

版について[編集]

1962年ピアニストアルトゥール・ルービンシュタインがこの曲の自筆譜を発見し出版した。自筆譜はフォンタナが出版したものとはテンポ、アーティキュレーションなどに相違点が多くみられる。たとえば、第1部の左手三連符に1拍ごとにアクセントが付く事などである。その後、ルービンシュタインが発見した決定稿、そして他の筆写譜から復元した初版がウィーン原典版58集(音楽之友社ISBN 4276400589)に掲載されている。

サンプル[編集]

ピアノ以外の楽器による幻想即興曲の演奏[編集]

ピアノ以外の楽器でこの曲を演奏するのは非常に困難であるが、下記の奏者がピアノ以外の楽器で演奏しているほか、アマチュアも演奏に挑んでいる。

ティト・フランシア『オールモスト・インポッシブル』
アルゼンチンのギタリスト。ガット・ギターでピアノのニュアンスを再現。
ロス・インディオス・タバハラス『ワルツ・オブ・ザ・フラワーズ』
ブラジルの兄弟デュオ。ガット・ギターによる演奏で兄が右手パート、弟が左手パートを担当。サムピックでの演奏。
古川忠義『ファンタジー』
日本のスタジオ系ギタリスト。ガット・ギター+生バンドによるボサノバ風のアレンジ。原曲とは調を変えている。
ロン・サール『ニュー・ギター・ヒーローズ '92』
グランジ&オルタナティヴ系ギタリスト。ヘヴィ・メタル調のバンドアレンジ。原曲とは調を変えている。
加茂フミヨシ『ノスタルジア』
日本のフュージョン系ギタリスト。ロックギター+ブレイクビーツによるテクノ風のアレンジ。8フィンガータッピング&スウィープピッキングによる演奏。
東京佼成ウインドオーケストラ『幻想即興曲』
ニュー・サウンズ・イン・ブラスシリーズで登場。藤田玄播が編曲したもの。

その他の作品での利用[編集]

  • フィギュアスケート
    • 荒川静香 2005-2006シーズン オーケストラバージョンを使用(トリノオリンピックのみショートプログラム、その他ではフリースケーティング)
    • 浅田真央 2007-2008シーズン フリースケーティングで使用
    • 中野友加里 2007-2008シーズン ショートプログラムで使用
  • プロ野球

外部リンク[編集]