即興曲第2番 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレデリック・ショパン即興曲第2番嬰ヘ長調作品36は1839年作曲。翌年出版された。献呈先はなし。嬰ヘ長調のピアニスティックな響きと自由そのものの遠隔調への転調、夢想的で落ち着いた曲想が特徴。 変奏曲形式。4分の4拍子。

Moderato

冒頭は低音での夜想曲風の旋律。

第2部はニ長調の低音付点リズム。右手も低い音域で雄大に歌う。非常に巧妙な転調のあとヘ長調で第3変奏が始まる。

第4部は滑らかな音階進行を基調にした原調による変奏。右手のパッセージが快く流れる。

識者によってはベートーヴェンピアノソナタ第24番(テレーゼ・ソナタ)との類似性をしばしば指摘されている。いずれも優雅で形式にとらわれない点共通している。