即興曲第3番 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレデリック・ショパン即興曲第3番変ト長調作品51は1842年作曲。翌年に出版された。三部形式の流暢な曲。献呈先はジェーヌ・バッチアーニ・エステルハージ伯爵夫人。

Allegro giusto

8分の12拍子。半音階進行が優雅に現れる。繰り返されると3度6度の和声が右手にでてくるので、他作品(夜想曲第12番など)と同様に訓練が必要である。

Sostenuto

4分の4拍子。変ホ短調。左手の下降旋律に右手が合いの手を三連符で打つ。エンハーモニックな転調でホ長調に移るなど洗練されている。

再び主題が現れ、穏やかなコーダアルペジョで締めくくられる。