ユリアン・フォンタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユリアン・フォンタナJulian Fontana, 1810年7月31日 クラクフ - 1869年12月23日 パリ)はポーランド法律家著述家起業家作曲家

フレデリック・ショパンの友人であり、自身もヨーゼフ・エルスナー門下の作曲家でもあった。1830年ポーランド11月蜂起に加わったことから、1832年に出国を余儀なくされ、1844年から1845年までキューバで、それから1850年まで米国で、その後はフランスピアニストや音楽教師として働いた。1869年、病気と聴覚障害に苦しんだ末に自殺。

作曲家としては多くのピアノ曲と多少の歌曲を遺している。現在ではショパン作品の校訂者ならびに出版者として顧みられており、とりわけ独自の改訂による《幻想即興曲》はいわゆるフォンタナ版として、原典版や初版以上に広く人口に膾炙している。しかし、ショパンの自筆譜や筆写譜の研究が進むと、フォンタナはショパンの作品をむしろ改悪したと見なされるようになった。もっとも、作曲には潔癖症で、自身の死後は作品を廃棄するように言い遺したショパンに反してその遺作を公表した功績は大きい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]