島根県立古代出雲歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 島根県立古代出雲歴史博物館
Shimane Museum of Ancient Izumo wall.jpg
施設情報
専門分野 古代出雲
事業主体 島根県
管理運営 ミュージアムいちばた
建物設計 槇総合計画事務所
延床面積 11854.8m²
開館 2007年3月10日
所在地 699-0701
島根県出雲市大社町杵築東99-4
位置 北緯35度23分55.7秒
東経132度41分19.5秒
座標: 北緯35度23分55.7秒 東経132度41分19.5秒
ウェブサイト http://www.izm.ed.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
島根県立古代出雲歴史博物館
情報
施工 大林組、中筋組、岩成工業
構造形式 鉄筋コンクリート構造(一部鉄骨造
敷地面積 57,000m² m²
建築面積 9,444.5m² m²
延床面積 11,854.8m² m²
階数 地上3階、地下1階
開館開所 9:00-18:00(11月-2月は9:00-17:00)
休館:毎月第3火曜日
位置 北緯35度23分55.7秒
東経132度41分19.5秒
座標: 北緯35度23分55.7秒 東経132度41分19.5秒
備考 総工費:68億円
テンプレートを表示

島根県立古代出雲歴史博物館(しまねけんりつこだいいずもれきしはくぶつかん)は、島根県出雲市にある歴史系の博物館

概要[編集]

2007年3月10日出雲大社の東隣に開館。主に出雲大社を中心とした古代出雲についての展示を行っており、荒神谷遺跡より出土した国宝を含む銅剣358本・銅矛16本、銅鐸6個、加茂岩倉遺跡より出土した国宝の銅鐸39個、すべて国宝、テーマ別展示室全点が公開されている。古代出雲以外では石見銀山など旧石見国も含めた島根県全体の歴史についての展示がある。中央ロビーには2000年に出雲大社境内から出土した宇豆柱が展示されている。平安時代の出雲大社本殿を再現したという10分の1の模型が展示されている[1]

敷地内には「風土記の庭」や体験用の水田、工房が設置されている。

建築[編集]

コンセプトとして、建築の主張を抑えるために面と線を簡素に表し、素材もガラスというシンプルな組み合わせになっている。また、壁面の鋼は古代のたたら製鉄、ガラスは現代性をそれぞれ象徴する役割も担い、古代と現代の融合という意味合いもある[2]。また元々の敷地は駐車場湿原であったため、庭園の樹木にはシイカシなど常緑の広葉樹が植えられた[3]

構成[編集]

中央ロビーに展示されている、出雲大社境内から出土した宇豆柱
  • 中央ロビー(宇豆柱)
  • 展示室
    • 神話回廊(神話シアター、神話展示コーナー、神話探検コーナー)
    • 総合展示室
    • テーマ別展示室(出雲大社と神々の国のまつり、出雲国風土記の世界、青銅器と金色の大刀)
    • 特別展示室
  • 空中歩廊
  • 展望テラス
  • ミュージアムショップ一畑
  • カフェ「maru cafe」
  • 情報交流室
  • 講義室
  • 風土記の庭
  • 体験工房
  • 体験水田

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高さ10丈(約48メートル)、中心の心御柱の直径約3.6メートル、階段の長さは約109メートルあったと伝えられている(竹内誠監修『知識ゼロからの博物館入門』幻冬舎、2010年、106-107ページ)。
  2. ^ 日経アーキテクチュア、2007年7月9日号85ページ
  3. ^ 日経アーキテクチュア、2007年7月9日号81ページ

参考文献[編集]

  • 『クローズアップ 島根県立古代出雲歴史博物館』 日経アーキテクチュア、2007年7月9日号、74-85ページ

外部リンク[編集]