山崎烝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山崎 烝(やまざき すすむ、天保4年(1833年)頃? - 慶応4年1月13日1868年2月6日))は、新選組隊士(諸士調役兼監察)。

経歴[編集]

摂津国大坂出身(山城国出身とも)で、生家は医家または薬種問屋とされる。

文久3年(1863年)末頃に新選組に入隊、元治元年(1864年)頃から隊士の動向調査や情報探索の任についている。非常に有能であり、入隊後数ヶ月で上役を任され、後に隊内では異例の諸士調役・監察を掛け持ちするようになる。京・大阪に土地勘があり、道案内としてたびたび幹部達を大坂にひきつれていたという。また、大阪の金持ちの商人の事情にも通じており、新選組の中では重宝されていた。香取流の棒術にすぐれていたとされ、実際に使用していたものは長巻であるとの説もある。性格は温順にして無口。背高く、色黒(色白という説も)な美男子だったという。京都で隊士の診療を行っていた松本良順から医学を学び、「我は新選組の医者なり」と言って周囲を笑わせたという記録が良順の書に残っている。またそこには、「(近藤)勇の最も愛する者なりし」と記述されている。

元治元年6月の池田屋事件の時は諸士調役兼監察として島田魁らと長州藩士や尊攘過激派の探索にあたり、尊攘過激派の一人、古高俊太郎宅・枡屋を突き止めている。枡屋は宮部鼎蔵ら大物志士の密会所となっており、宮部の下僕・忠蔵を尾行し所在を突き止めたとされる。その結果、新選組は尊攘派の御所焼き討ち・天皇長州連れ去りの計画を未然に防ぐ事に成功した。しかし、この武功に対して、各隊士たちが報酬を受けているにも関わらず、山崎の名前が書かれていないため、小説家の子母沢寛司馬遼太郎の創作との説もある(ただし、報酬を受けている島田魁の日記には探索したメンバーに山崎の名前が入っている)。

一説では池田屋事件と近い時期に入隊したとされている篠塚岸三という者が池田屋に参加後、一ヶ月後位に江戸にいる母が死んだ、または死病にかかったというような理由で除隊されている。報酬金名簿には山崎の名前はないが篠塚の名前は書かれている。山崎は監察という仕事の都合上、変装のためや隊士の中の間者を詮索するために偽名を使うことは少なくない。そのことから、篠塚という人物は山崎なのではないかというものもある。だからなのか島田魁や永倉新八の本には篠塚という男の名前ではなく、山崎の名が書かれている。

その後、禁門の変第一次長州征討第二次長州征討などの重要な戦いでも戦況の推移や状況報告に能力を発揮し、近藤勇会津藩に正確な情報をもたらした。

慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いの最中、重傷を負う。1月13日江戸へ撤退の際、富士山丸の船上で死去。紀州沖で水葬されたとされている。その際、近藤勇は自身も肩の鉄砲傷がひどく寝込んでいたが、別れを告げるべく正装し代表として追悼の言葉を読んだという。近藤は山崎を上述の通り、信用し可愛がっていたようで、涙を流し、土方歳三に「山崎は良い奴だった あいつはこんなに大勢の人に見送られて幸せだ」ともらし、船長に深く頭を下げて礼を言ったという。ただ船に同乗していたであろう永倉新八や島田魁らが残した手記では、船上での山崎の死や水葬に関して一切触れていない。一説には、鳥羽・伏見の戦いで銃で撃たれ死亡したともいわれ、陸上で埋葬された可能性もあるなど、その死ははっきりとせず謎に包まれている。

新選組隊士の山崎林五郎(林新次郎)の従兄弟(義兄弟)で、林五郎の実家の家系図により、妻が居たとの話もあるが、そもそも林五郎と本当に血縁関係があったのかどうかも証明されておらず定かではない。子母澤寛の書物では林信太郎の従兄弟とされているが、おそらく林新次郎との混同と思われる(山崎烝水葬説を明治のずっと後になって林信太郎が語ったと記されているが、その頃彼は既に死去している)。また、山崎林五郎と山崎烝の父の名が同名にすぎず、他人との見解もある。

司馬遼太郎の小説『新選組血風録』では赤穂浪士から脱落した奥野将監の子孫として描かれているが、これは創作である。

日記[編集]

2004年に『山崎烝 取調日記』が見つかった。中身は隊士名簿や慶応年間の出来事を書いたメモ帳らしいが、詳しくは現在解読中である。同年末、日野市ふるさと博物館にて初めて公開された。

関連項目[編集]