寺田屋事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寺田屋事件(てらだやじけん)とは、江戸時代末期の山城国紀伊郡伏見(現在の京都市伏見区)の旅館・寺田屋(北緯34度55分48.8秒 東経135度45分34.5秒 / 北緯34.930222度 東経135.759583度 / 34.930222; 135.759583座標: 北緯34度55分48.8秒 東経135度45分34.5秒 / 北緯34.930222度 東経135.759583度 / 34.930222; 135.759583)で発生した事件である。以下の2つの事件が寺田屋事件と呼ばれる。

  1. 文久2年(1862年)に発生した薩摩藩尊皇派等の鎮撫事件。
  2. 慶応2年(1866年)に発生した伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件。

薩摩藩粛清[編集]

文久2年4月23日1862年5月21日)に薩摩藩尊皇派が薩摩藩主の父で事実上の指導者・島津久光によって鎮撫されたと言われる事件。寺田屋騒動とも。

藩兵千名を率い上洛した久光は日本中の尊王派の希望をその身に背負った。しかし久光にはこの当時は倒幕の意志はなく、公武合体がその路線であった。このことに不満を持った薩摩藩の過激派、有馬新七らは同じく尊王派の志士、真木和泉田中河内介らと共謀して関白九条尚忠京都所司代酒井忠義邸を襲撃することを決定し、伏見の船宿寺田屋に集った。当時寺田屋は薩摩藩の定宿であり、このような謀議に関しての集結場所としては格好の場所だったようである。

久光は大久保一蔵等を派遣しこの騒ぎを抑えようと試みたが失敗した。続いて、彼らの同志である尊王派藩士を派遣して藩邸に呼び戻し、自ら説得しようとした。ただし万が一を考え、鎮撫使には特に剣術に優れた藩士を選んだ(大山綱良奈良原繁道島五郎兵衛鈴木勇右衛門鈴木昌之助山口金之進江夏仲左衛門森岡善助、さらに上床源助が志願して加わり計9名)。

大山綱良らは有馬新七に藩邸に同行するように求めたが有馬はこれを拒否し、“同士討ち”の激しい斬りあいが始まった。この戦闘によって討手1人(道島五郎兵衛)と有馬ら6名(有馬新七・柴山愛次郎橋口壮介西田直五郎弟子丸龍助橋口伝蔵)が死亡、2名(田中謙助森山新五左衛門)が重傷を負った。また2階には多数の薩摩藩尊王派(大山巌西郷従道三島通庸篠原国幹永山弥一郎など)がいたが、大山綱良らが刀を捨てて飛び込み必死の説得を行った結果、残りの尊王派志士たちは投降した。

負傷者2名は切腹させられ、尊王派の諸藩浪士は諸藩に引き渡された。引き取り手のない田中河内介らは薩摩藩に引き取ると称して船に連れ込み、船内で斬殺され海へ投げ捨てられた。斬った柴山矢吉は後に発狂したという話がある。彼だけでなく、鎮撫使側の人間は不幸な末路をたどったものが多い。一方で、尊皇派の生き残りは多くが明治政府で要職に立った。

この事件によって朝廷の久光に対する信望は大いに高まり、久光は公武合体政策の実現(文久の改革)のため江戸へと向かった。

なお、この事件が発生する前の4月16日5月14日)に、久光は近衛忠房らに公武合体を説いた意見書を提出し、朝廷から浪士鎮撫の勅命を受けていた。よって薩摩藩の内輪もめという説は再考が必要なようである。

坂本龍馬襲撃[編集]

慶応2年1月23日1866年3月9日)、「寺田屋遭難」で知られる事件は、での薩長同盟の会談を斡旋後に薩摩人として宿泊していた坂本龍馬伏見奉行林肥後守忠交の捕り方が捕縛ないしは暗殺しようとした事件。

龍馬や長州の三吉慎蔵らは深夜の2時に、幕府伏見奉行の捕り方百数十人に囲まれ、いち早く気付いたお龍は風呂から裸のまま裏階段を2階へ駆け上がり投宿していた龍馬らに危機を知らせた。捕り方に踏み込まれた龍馬らは、拳銃や手槍を用いて防戦し、捕り方数名を殺傷するも、自らも手の親指(左右)を負傷。辛くも脱出して材木屋に隠れる。三吉は伏見薩摩藩邸に駆け込み、救援を求めた。薩摩藩邸は川船を出し、救出された龍馬は九死に一生を得ることができた。薩摩藩邸は龍馬に対する伏見奉行からの引き渡し要求を拒否し続けた。龍馬はその後、伏見の藩邸から京の藩邸(二本松)に移ったが、また伏見の藩邸に戻り、大阪から船で鹿児島に脱出した。そのしばらくの間は西郷隆盛の斡旋により薩摩領内に湯治などをしながら潜伏する。このお龍との旅行が、一般的には日本初の新婚旅行とされている[1](ただし、「日本最初の新婚旅行」については、龍馬とも親交のあった薩摩藩家老・小松帯刀が、龍馬・お龍夫妻の旅行より10年前の安政3年(1856年)に、先に栄之尾温泉を訪れていた妻と義父を追う形で訪問した例を「最初」とする見解もあり、小松が龍馬・お龍夫妻が薩摩を訪れた際に薩摩藩の船に同乗し、夫婦を現在の鹿児島市原良にあった小松の別邸に宿泊させるなどしていることから、小松が自らの経験を元に龍馬に勧めたのではないかとする説もある[2])。この事件に新撰組が関わったとの説もあったが、伏見奉行が「肥後守」であったことから、たまたま同じ官位の京都守護職松平容保が誤認されて、それにより配下の新撰組の関与が疑われた。

現在の寺田屋[編集]

現在の寺田屋

現在寺田屋を称する建物(同一敷地内)には、事件当時の「弾痕」「刀傷」と称するものや「お龍が入っていた風呂」なるものがあり、当時そのままの建物であるかのような説明がされている。しかしながら、現在の寺田屋の建物は明治38年(1905年)に登記されており、特に湯殿がある部分は明治41年(1908年。お龍はその2年前に病没)に増築登記がなされているなどの点から、専門家の間では以前から再建説が強かった[3]平成20年(2008年)になって複数のメディアでこの点が取り上げられ、京都市は当時の記録等を調査し、同年9月24日に幕末当時の建物は鳥羽・伏見の戦いの兵火で焼失しており、現在の京都市伏見区南浜町263番地にある建物は後の時代に当時の敷地の西隣に建てられたものであると公式に結論した[4][5][6][7]

京都市歴史資料館のウェブサイトにある「いしぶみデータベース」では、「寺田屋は鳥羽伏見の戦に罹災し、現在の建物はその後再建したものである。」と紹介している[8][9][10][11]

大正年間に現在の寺田屋の土地・建物は幕末当時の主人である寺田家の所有ではなくなっており、のちに経営そのものも跡継ぎのなくなった寺田家から離れている。この「寺田屋」は昭和30年代に「第14代寺田屋伊助」を自称する人物が営業を始めたものであり、「第14代寺田屋伊助」自身、寺田家とは全く関係はない。

参考文献[編集]

現存の寺田屋につて
  • 中村武生『京都の江戸時代を歩く』 文理閣、2008年

脚注[編集]

  1. ^ 龍馬・お龍日本最初の新婚旅行地 霧島市”. 霧島市総合観光案内. 2013年11月14日閲覧。
  2. ^ “新婚旅行、日本初は小松帯刀?/かごしま探検の会 龍馬の10年前、霧島へ”. 南日本新聞. (2008年1月27日). http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=8866 2013年11月14日閲覧。 
  3. ^ 朝日新聞2008年9月26日
  4. ^ 当時の建物の敷地は、現在の建物の東隣にある、石碑や像などが建っていて寺田屋の庭のようになっている場所(京都市伏見区南浜町262番地)であるが、この土地は大正3年(1914年)に所有者(寺田屋主人とは血縁関係にない)から当時の京都府紀伊郡伏見町に寄付され、市町村合併を経て現在は京都市の市有地である。
  5. ^ 平成の寺田屋騒動で「寺田屋は焼失」と京都市が公式見解”. 産経新聞 (2008年9月25日). 2008年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月25日閲覧。
  6. ^ 京都市「寺田屋は戦いで焼失」 HP変更へ”. 共同通信 (2008年9月25日). 2008年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月25日閲覧。
  7. ^ 寺田屋関係資料9種と若干のコメント”. よっぱ、酔っぱ (2008年10月10日). 2009年1月3日閲覧。
  8. ^ いしぶみデータベース
  9. ^ 『朝日新聞』南京都版 2008年9月26日付
  10. ^ 京都大学附属図書館 維新資料画像データベース - 現在の建物の東隣に建っている石碑「薩藩九烈士遺蹟志」の碑文(拓本)。本文後ろから5行目に「寺田屋遺址」とある。
  11. ^
    • 『日本歴史地名体系27巻 京都市の地名』 平凡社、1979年 - 「南浜町」の項。
    • 『御大禮記念京都府伏見町誌』 伏見町役場、1929年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]