女神が家にやってきた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女神が家にやってきた
Bringing Down the House
監督 アダム・シャンクマン
脚本 ジェイソン・フィラルディ
製作 アショク・アムリトラジ
デヴィッド・ホバーマン
製作総指揮 ジェーン・バーテルミ
クィーン・ラティファ
出演者 スティーヴ・マーティン
クィーン・ラティファ
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ジュリオ・マカット
編集 ジェリー・グリーンバーグ
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年5月7日
日本の旗 2003年10月18日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $33,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $164,729,679[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $132,716,677[1]
テンプレートを表示

女神が家にやってきた』(めがみがウチにやってきた、原題: Bringing Down the House)は、2003年アメリカで公開されたロマンティック・コメディ映画

ストーリー[編集]

弁護士のピーターは、生真面目な仕事人間。その性格が災いして、二年前に妻と子供たちに愛想を尽かされた彼は、現在出会い系サイトチャットにハマッていた。そんなある日、チャット相手である知的な女弁護士シャーリーンと実際に合うことになった彼は、大喜びで待ち合わせ場所に出向くのだった。だが、そこに現れたのは、写真とは全く別人の黒人女性だった。自分に教えられていた彼女の経歴が全て嘘だったということに、落胆するピーター。しかも彼女は、今世間を騒がせている脱獄囚だということが判明する。すぐに彼女を警察に引き渡そうとするピーターだったが、彼女は必死に自らの無実を主張する。そう彼女が弁護士のピーターに近づいたのは、自らの無実を証明してほしいからだったのだ。彼女の言い分をとりあえずは信じてみることにしたピーターだったが、彼女の破天荒なペースに次第に振り回され始める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ピーター・サンダーソン スティーヴ・マーティン 安原義人
シャーリーン・モートン クィーン・ラティファ 高乃麗
ハウィー・ロットマン ユージン・レヴィ 斎藤志郎
ヴァージニア・アーネス ジョーン・プロウライト 斉藤昌
ケイト・サンダーソン ジーン・スマート 弥永和子
サラ・サンダーソン キンバリー・J・ブラウン 小島幸子
ジョージー・サンダーソン アンガス・T・ジョーンズ 村上想太

出典[編集]

  1. ^ a b c Bringing Down the House”. Box Office Mojo. 2012年3月3日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]