大森治豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大森治豊
人物情報
生誕 1852年12月20日
日本の旗江戸神田三河町
死没 1912年2月19日(満59歳没)
日本の旗 日本福岡県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
研究機関 福岡医科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

大森 治豊(おおもり はるとよ、嘉永5年11月10日1852年12月20日) - 1912年2月19日)は日本の外科医医学博士。日本の腹部外科の開拓者。

人物[編集]

1879年東京大学医学部卒業後、福岡医学校に赴任し、1885年同校校長となる。 1885年日本で初めて帝王切開手術に成功[1]し、以来次々に腹部手術を行う。

1903年福岡医科大学が創設された際に、初代学長兼付属医院長となり、外科学講座をもつ。1909年病気により退官、1911年九州帝国大学名誉教授

1910年、九州大学医学部に大森の銅像が建てられた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]