和賀町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和賀町
Getou.jpg
Flag of Waga Iwate.png
和賀町旗
Waga Iwate chapter.png
和賀町章
1956年昭和31年)1月3日制定
廃止日 1991年4月1日
廃止理由 新設合併
(旧)北上市、和賀町江釣子村→(新)北上市
現在の自治体 北上市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
和賀郡
団体コード 03362-6
面積 273.95km².
総人口 15,131
(1991年)
隣接自治体 花巻市北上市
和賀郡湯田町江釣子村沢内村
胆沢郡金ケ崎町胆沢町
町の木 ブナ
町の花 ヤマユリ
町の鳥 ヤマバト
和賀町役場
所在地 024
岩手県和賀郡和賀町横川目11番160号
外部リンク 未開設
Waga Iwate map.png
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

和賀町(わがちょう)は、岩手県中西部にあった和賀郡に属していた。

1991年平成3年)4月1日、(旧)北上市、江釣子村合併し(新)北上市となり、消滅した。

概要[編集]

町名の由来[編集]

  • アイヌ語で綺麗な水のことを「ワッカ」と呼ばれたことかつ和賀郡から来たものである。[1]

地理[編集]

隣接自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制が施行され、東和賀郡に以下の町村が成立する。
    • 岩崎村、煤孫村、山口村、岩崎新田が合併し、岩崎村が成立。
    • 横川目村、堅川目村が合併し、横川目村が成立。
    • 藤根村、長沼村、後藤村が合併し、藤根村が成立。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 郡の統合により東和賀郡は西和賀郡と合併して和賀郡となる。
  • 1955年昭和30年)3月31日 - 藤根村と和賀郡江釣子村と境界の一部を変更。
    • 4月1日 - 岩崎村、横川目村、藤根村と合併して和賀村を設置。
  • 1956年(昭和31年)1月3日 - 町章を制定する。[3]
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 和賀村が町制施行し和賀町となる。
  • 1962年(昭和37年)5月1日 - 北上市と境界の一部を変更。
  • 1967年(昭和42年)8月1日 - 江釣子村と境界の一部を変更。
  • 1970年(昭和45年)3月1日 - 花巻市と境界の一部を変更。
  • 1980年(昭和55年)10月9日 - 町民憲章を制定する。[3]
  • 1991年(平成3年)4月1日 - (旧)北上市、江釣子村と合併し(新)北上市となり、消滅した。

行政[編集]

  • 和賀町役場
  • 藤根生活センター

町花・町鳥・町木[編集]

紋章[編集]

  • 「わが」を図案化し、「わ」を円満と和・「が」を町の飛躍発展を目的として和賀村章として1956年1月3日に制定され、町制施行後に継承された。[3]

産業[編集]

農業[編集]

  • 町の基幹産業として機能している。[4]

工業[編集]

  • 後藤田工業団地

商業[編集]

  • 国道107号を中心にし、藤根野中・横川目地区に集中している。[5]

教育[編集]

10校の小学校と2校の中学校があった。[6]

  • 和賀町立和賀西中学校
  • 和賀町立和賀東中学校
  • 和賀町立藤根小学校
  • 和賀町立和賀小学校
  • 和賀町立横川目小学校
  • 和賀町立岩沢小学校
  • 和賀町立仙人小学校
  • 和賀町立山口小学校
  • 和賀町立岩崎小学校
  • 和賀町立岩崎新田小学校
  • 和賀町立煤孫小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

観光[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。
  • 和賀町企画財政課 『和賀町勢要覧'88』 岩手県和賀郡和賀町、1988年9月

脚注[編集]

  1. ^ a b 和賀町勢要覧'88 p2
  2. ^ 和賀町勢要覧'88 p4
  3. ^ a b c d e f 和賀町勢要覧'88 p1
  4. ^ 和賀町勢要覧'88 p12
  5. ^ 和賀町勢要覧'88 p14
  6. ^ 和賀町勢要覧'88 p20