名誉毀損防止同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名誉毀損防止同盟
Anti-Defamation League
(ADL)
設立年 1913年
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
605 3rd Avenue, New York, NY 10158-0180
北緯40度44分56.2秒 西経73度58分30.6秒 / 北緯40.748944度 西経73.975167度 / 40.748944; -73.975167
代表 エイブラハム・フォックスマン
重要人物 高山 長房 (会長)
ウェブサイト http://www.adl.org/
テンプレートを表示

名誉毀損防止同盟Anti-Defamation League 略称ADL)とは米国最大のユダヤ人団体。ブネイ・ブリスに起源を持ち、反ユダヤ主義と合法的に対決することを目的としている。この点、同様の目的を掲げてはいるが非合法手段(テロリズム)をも辞さないカハネ主義過激派団体"ユダヤ防衛同盟"(JDL)とは対立している。

ADL創立の直接の契機はレオ・フランク事件だった。これは、ジョージア州のユダヤ人レオ・フランク殺人冤罪逮捕され、暴徒にリンチを受けて殺された事件である。1913年10月弁護士シグマンド・リヴィングストンによって創立。ユダヤ人団体ではあるが、究極的な目的として、ユダヤ系以外を含む全ての市民の平等をも謳っている。

今日、ADLの年間予算は4000万ドルを超え、全米に29箇所の事務所と、他国に3箇所の事務所を持っている。全米本部はニューヨーク市にある。1987年以来、エイブラハム・フォックスマンが全国理事を務めている。全国議長はハワード・バーコヴィッツ

1993年には、ADLの不法スパイ事件が明るみに出た。ADLはサンフランシスコシカゴアトランタの警察官を通して個人や団体の秘密ファイルを収集していたのである。当初は一部マスコミのみが取り上げていたこの事件は次第に反響を呼び、ついには大手新聞も報道するまでになった。最終的には、ADLには有罪判決が下った[1]

外部リンク[編集]