台湾棋院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾棋院
各種表記
繁体字 臺灣棋院
簡体字 台湾棋院
拼音 Táiwān Qíyuàn
注音符号 ㄊㄞˊ ㄨㄢ ㄑ|ˊ ㄩㄢˋ
発音: タイワン チーユエン
日本語漢音読み たいわん きいん
英文 Taiwan Chi Yuan Culture Foundation
テンプレートを表示

台湾棋院(たいわんきいん)は台湾囲碁の組織。プロの囲碁棋士が所属し、棋戦や囲碁の振興活動などを行う。正式名は『台湾棋院文化基金会(台灣棋院文化基金會)』。英語名はTaiwan Chi Yuan Culture Foundation

歴史[編集]

台湾のプロ組織には、1972年(民国61年)発足の中国囲棋会が存在していた。

2000年(民国89年)3月4日に、中環集団社長の翁明顯が理事長となって台湾棋院が発足。

2003年(民国92年)から、関西棋院との定期交流戦を開始。

2008年(民国97年)3月に、新しい棋士処遇制度を定めるが、これに同意しなかった周俊勲林聖賢彭景華周奎宏ら12名の棋士を、主催する棋戦への5年間出場停止処分とした。しかし海峰棋院理事長林文伯らの調停により、2009年9月に改訂した同意書にサインし復帰となった[1]

2008年から中国乙級リーグに参加、1勝3敗3分の成績で丙級落ちするが、2012年丙級リーグで1位となって乙級昇級を果たした。

2009年に林至涵が台湾棋院設立後初の九段昇段を果たし、2011年には陳詩淵も九段昇段。

棋戦[編集]

国内棋戦

  • 中環杯囲棋オープン戦(台湾棋院文化基金会主催)1994年〜
  • CMC杯電視快棋戦(緯来電視台放送、台湾棋院文化基金会主催)2001年〜
  • 東鋼杯プロ囲棋戦(台湾棋院文化基金会主催)2001年〜
  • 天元戦(民生報、台湾棋院文化基金会主催)2002年〜
  • 棋霊王杯戦(台湾棋院文化基金会主催)2002年〜
  • 新人王戦 2002年〜
  • 魔戒杯戦(台湾棋院文化基金会主催)2003年〜
  • 中環杯国手戦(台湾棋院文化基金会主催)2005年〜
  • 王座戦(台湾棋院文化基金会主催)2006年〜

国際棋戦

  • 中環杯世界囲棋選手権戦(台湾棋院文化基金会主催、中環・JPモーガン後援)2005年〜
  • 亜芸杯両岸交流戦(台湾棋院文化基金会主催)2006年〜

その他、台湾棋院以外主催の棋戦

  • 名人戦(応昌期囲棋基金主催)1972年〜

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ http://blog.board19.com/news/2009/09/30/周俊勳等重返台灣棋院-共同聲明/

外部リンク[編集]