陳詩淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陳 詩淵(ちん しえん、チェン・スゥイェン、ハングル: 천스위엔, 1985年10月28日 - )は台湾囲碁棋士台北市出身、権甲龍六段門下、韓国棋院及び台湾棋院所属、名誉王座、九段。王座戦5連覇他、周俊勲林至涵とともに台湾三強と目され、2012年には六冠を達成。

経歴[編集]

1996年に世界青少年囲碁選手権大会少年組準優勝。12歳の時に韓国で権甲龍六段門下となり、2000年に韓国棋院で入段。2002年二段。2004年にはSKガス杯新鋭プロ十傑戦で8位入賞。2005年に兵役のために台湾帰国し、台湾棋院に移籍。同年、中環杯囲棋オープン戦で優勝、勝数規定により三段昇段、中環杯世界囲碁選手権戦に出場し依田紀基に敗れる。同年東鋼杯戦優勝により五段昇段。2006年、国手戦優勝により七段昇段。2007年には東鋼杯、国手、CMC杯、天元の4冠を達成。2008年中国乙級リーグに台湾棋院チームとして出場。2009年LG杯ベスト16、八段。

2010年、張正平二段と結婚。2011年棋王戦、碁聖戦、王座戦、中環杯、天元戦に優勝し、台湾初の五冠王となった。加えて非公式戦の加えて日台精鋭戦でも優勝している。同年LG杯世界棋王戦でベスト8進出、九段。 2012年も、棋王、天元、王座、国手、中環杯、海峰杯プロ囲碁の六冠を達成。翌2013年は防衛棋戦の全てで失冠(棋王王元均・天元、王座、国手蕭正浩)。  2014年、碁聖に復帰。また王座連続5期の実績に対し、名誉王座が贈られている。

タイトル歴[編集]

非公式戦[編集]

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 王座戦 挑戦者 2006、07年
  • 中環杯囲棋オープン戦 準優勝 2007、09、12年
  • 棋王戦 準優勝 2008年
  • 碁聖戦 準優勝 2008年
  • 天元戦 挑戦者 2009年
  • 海峰杯プロ囲棋戦 準優勝 2009年
  • 東鋼杯プロ囲棋戦 準優勝 2010年

中国棋戦

  • 中国囲棋乙級リーグ
    • 2008年(台湾棋院、降級)3-4
    • 2010年丙級(台湾棋院)5-2
    • 2012年丙級(台湾中環、昇級)6-1

外部リンク[編集]