古賀辰四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古賀 辰四郎(こが たつしろう、1856年2月23日安政3年1月18日) - 1918年大正7年)8月15日)は日本の実業家尖閣諸島の開拓者。

略歴[編集]

  • 1856年(安政3年) - 筑後国上妻郡山内村(現:福岡県八女市山内)に生まれる。実家は、茶の栽培と販売を行う農家であった。
  • 1879年明治12年) - 24歳で那覇に渡り、寄留商人として茶と海産物業の古賀商店を開業。
  • 1895年(明治28年) - 尖閣諸島八島のうち魚釣島久場島南小島北小島の四島を明治政府から30年間無料で借受け、家屋建設や船着場設置などの開拓事業に従事。
  • 1909年(明治42年) - 養殖興業の功績を認められ藍綬褒章を受章。
  • 1918年(大正7年) - 死去。

外部リンク[編集]