古室山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古室山古墳
Komuroyama-kofun-1.jpg
古室山古墳
位置 北緯34度34分5.1秒
東経135度36分34.15秒
所在地 大阪府藤井寺市古室2丁目
形状 前方後円墳
規模 全長150m、高さ15.3m
築造年代 5世紀前半
出土品 埴輪
史跡指定 昭和31年(1956年)国指定
テンプレートを表示
仲ツ山古墳(右上)と古室山古墳(左下)のステレオ空中写真(1979年) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

古室山古墳(こむろやまこふん)は、大阪府藤井寺市古室2丁目にある前方後円墳1956年(昭和31年)9月22日に単独の古墳として国の史跡に指定され、2001年1月29日には近隣の他の古墳とともに国の史跡「古市古墳群」として、あらためて指定された。

概要[編集]

古市古墳群の北部、誉田御廟山古墳の北東に位置する。全長約150メートル、後円部径約96メートル、高さ約15.3メートル、前方部幅約100メートル、高さ約9.3メートル。墳丘は三段築成で、葺石が確認される。現在、くびれ部の東側のみに造り出しが残り、周囲に周濠と堤をめぐらしている。

内部構造や副葬品については不明であるが、後円部頂に板石が見られることから竪穴式石槨の存在が推測される。墳丘には円筒埴輪列があり、家・衣蓋・盾・靫・冑形などの形象埴輪も確認されている。出土した埴輪の特徴から、仲ツ山古墳とほぼ同時期、5世紀前半の築造と考えられる。

墳丘の一部には住宅が建っているが、藤井寺市による公有地化が進められている。なお、宮内庁の管理地でないため、墳丘内には自由に立ち入ることができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]