南京玉すだれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南京玉すだれを披露する浅葉克己

南京玉すだれ(なんきんたますだれ)とは、日本大道芸の一つ。歴史のある芸で伝統芸能であるとも言える。一人の演者が長さ20~30数センチの竹製の小型のすだれを持ち、唄にあわせて踊りながらすだれを変化させて釣竿、橋、しだれ柳、旗などに見立てる。演者が持つすだれの名称でもある。

概要[編集]

芸人が「アァン、さて、さて、さてさてさてさて、さては南京玉すだれ。」の威勢良い掛け声とともに玉すだれをおもむろに取り出し、「ちょいとひねれば、ちょいと、ひねれば、日米国旗に早変わり。日米国旗をちょいと伸ばせば、…」といった風に、簾の形状を次々と変えて見せる。

現在町で見かけることはほとんどなく、イベントなどで演じられることが多い。イベントで行われる場合には、数人が並んで同じ技を見せることもある。

使われるすだれの玉数は流派などによっても違いがあり、24本、36本、46本などいくつかのバリエーションがある。

現在、日本にはいくつもの保存会や流派があり、カルチャースクールなどでも教室が数多く開かれている。

発生と名前[編集]

発祥は富山県で、同県の民謡こきりこ節に用いられるささらが原型と言われている。

「玉すだれ」は伊勢物語の短歌にもでてくる言葉ではあるが、一般的なすだれと同様に目かくしや日光遮断のために屋内で用いる家具のことであった。

玉すだれを使った「南京玉すだれ」という大道芸が現れたのは江戸期になってからである。名前から南京発祥だと勘違いされやすいが、日本発祥である。本来は「唐人阿蘭陀南京無双玉すだれ」と称されており、「唐人にも阿蘭陀にも二つとない小さな玉すだれ」という意味で付けられたといわれている。 大国の大都市であった南京の名をつけることで、すだれの希少性を強調し芸の価値を高める意図があったと思われる。

歌詞[編集]

以下は、南京玉すだれを演じる際の歌詞の一例である。

1
アさて アさて アさて さて さて さて
さては南京玉すだれ
チョイと伸ばせば
浦島太郎さんの 魚釣り竿にチョイと似たり
浦島太郎さんの 魚釣り竿がお目にとまればおなぐさみ
お目にとまれば元へと返す 元へと返す

2
アさて アさて さては南京玉すだれ
チョイと返せば
瀬田の唐橋 唐金擬宝珠 擬宝珠ないのがおなぐさみ
瀬田の唐橋 お目にとまれば元へと返す 元へと返す

3
アさて アさて さては南京玉すだれ
チョイと伸ばせば チョイと返せば
おらが在所のごでござる
おらの在所のご門が お目にとまれば
焼き小屋へと早変わり
炭焼き小屋が お目にとまれば元へと返す 元へと返す

4
アさて アさて さては南京玉すだれ
東海道は五十と三次 中山道は六十と九次
あまたの宿々 なくてならぬは蕎麦屋看板
蕎麦屋の看板 お目にとまれば元へと返す 元へと返す

5
アさて アさて さては南京玉すだれ
チョイと返せば チョイと伸ばせば
端午の節句は 鯉ののぼりにさも似たり
五月の鯉が お目にとまれば
東京タワーと早変わり
東京タワーが お目にとまれば元へと返す 元へと返す

6
アさて アさて さては南京玉すだれ
チョイと伸ばせば 阿弥陀如来釈迦牟尼
後光が見えれば おなぐさみ
阿弥陀如来が お目にとまれば元へと返す 元へと返す

7
アさて アさて さては南京玉すだれ
チョイと伸ばせば チョイと返せば
日本三景 天橋立 浮かぶ白帆にさも似たり
浮かぶ白帆が お目にとまれば元へと返す 元へと返す

8
アさて アさて さては南京玉すだれ
チョイと返せば 日米国旗にさも似たり
日米国旗が お目にとまれば しだれ柳に早変わり
しだれ柳に飛びつく 蛙いないがおなぐさみ

アさて アさて アさて さて さて さて
さては南京玉すだれ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]