副乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cが副乳。Aはあざ、Bは通常の乳頭

副乳(ふくにゅう)は、乳腺堤(脇の下、通常の乳頭、股を通るライン)にある乳房。女性の5%、男性の2%が副乳を持つといわれている。

概要[編集]

そもそも一般的に人間の乳房の数は1対(左右に1つずつ)とされているが、複数対の乳房を有する哺乳類もおり、さらには個体によってその対数が異なるケースも存在する。元来哺乳類では乳房は前足の腋の下から後ろ足の間、恥骨に続く弓状の線(乳腺堤と呼ばれる)上に形成される位置があり、この線上のどの対が発達するかは動物の種によって決まっている。しかし、それ以外の部分も乳房に発達する要素は持っているのであるから、決してそれほど異常な現象ではない。

目立たないためほくろ等と認識されることも多い。上記の線上に対になったほくろがある場合、これを疑ってもよい。脇の下近くに出る例が多いようである。女性が妊娠時に脇の下に違和感を覚え、その存在に初めて気が付くことがしばしばある。退化した乳房であるため、外から見て分かる乳首を備えることは少ない。まれに少し発達して膨らみを生じる例もある。

また、乳が出る例もある。

五雑俎』という中国の書には、文王には4つの乳があったとする説を載せている。また、17世紀イングランド魔女狩りを推進していたマシュー・ホプキンスは副乳を魔女の証としてあげていたと言う。

現在では美容形成外科などで切除することも可能である。

俗語としての副乳[編集]

腋の下前面の脂肪を副乳と呼ぶことがある。

関連項目[編集]

熊田曜子