八掌渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八掌渓
Bajhang River.jpg
延長 80.86 km
水源の標高 1,940 m
平均流量 -- /s
流域面積 474.74 km²
水源 阿里山(嘉義県)
河口・合流先 台湾海峡(嘉義県布袋鎮
流域 嘉義県台南県
テンプレートを表示
八掌渓
各種表記
繁体字 八掌溪
簡体字 八掌溪
拼音 Bāzhǎng Xī
注音符号 ㄅㄚ ㄓㄤˇ ㄒㄧ
発音: バーヂャン シー
台湾語拼音 Pat-chiáng-khe
テンプレートを表示

八掌渓(はっしょうけい)は台湾中南部を流れる河川。旧称は八奨渓嘉義県台南県両県の県境を形成する。

八掌の名前は、地名や流域の郷鎮の名前に由来するものではない。川の傾斜が比較的緩やかで支流も多く、非常に多いという意味の8本以上にもなることから八掌という名前がついたとされている。

地理[編集]

嘉義県阿里山山中の標高1,940mにある奮起湖に源を発し、嘉義県の番路郷中埔郷嘉義市水上郷鹿草郷布袋鎮義竹郷および台南県の白河鎮後壁郷塩水鎮学甲鎮北門郷を流れ、嘉義県布袋鎮の虎尾寮から台湾海峡に注いでいる。全長は約80.86km、流域面積は474.74平方キロメートル、平均斜度は1:42となっている。

支流[編集]

  • 赤蘭渓
  • 頭前渓

関連項目[編集]

  • 八掌渓事件 - 河床工事の作業中に作業員4名が増水により流された事故。

外部リンク[編集]