全日本テコンドー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般社団法人全日本テコンドー協会
All Japan Taekwondo Association
略称 AJTA
設立年 2005年5月
種類 スポーツ組織
本部 日本の旗 日本
東京都渋谷区
関連組織 世界テコンドー連盟 (WTF)
ウェブサイト http://www.ajta.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人全日本テコンドー協会(ぜんにほんテコンドーきょうかい、: All Japan Taekwondo Association, AJTA)は、日本におけるWTFテコンドーを統括し、代表する組織。2005年設立。内閣府から度重なる不適正経理の是正を求める勧告を受けた[1]が、2014年4月23日の総会で、会計処理の適正化や責任の所在を明確化することを断念。公益社団法人の認定取り消しを内閣府に申請する方針を承認した[2]。2014年7月2日、内閣府は全日本テコンドー協会の公益社団法人の認定を取り消した。

所属選手[編集]

体制が整うまで[編集]

WTF テコンドーの日本での統括体制が整う以前、4つの主力団体が存在していた。1999年に団体間の協力関係が築かれた後、2004年に分裂・勢力が二分されることとなった。

日本オリンピック委員会は当初、2004年アテネオリンピックへの参加条件として団体を統合することを通達しており、分裂した 2 団体 (全日本テコンドー協会と日本テコンドー連合) の統合問題をめぐり対立した。

これを受けて、2000年シドニーオリンピックのテコンドー競技で銅メダルを獲得し、2004年2月にアテネオリンピック出場権を勝ち取っていた岡本依子のオリンピック出場が危ぶまれたが、最終的には団体の分裂を無視した形で個人資格での参加が認められた。

2005年に社団法人全日本テコンドー協会が設立された後、団体の統合が進み和解した。

日本テコンドー連盟[編集]

1981年に「日本テコンドー協会」 (現存する JTA とは無関係) として創設された後解散し、1983年に「日本テコンドー連盟」と改称し JOC へ準加盟した。2000年シドニーオリンピック開催時点の主流団体。全日本テコンドー協会を吸収合併後に再度対立し、その一部が「日本テコンドー連合」として分裂。

日本テコンドー連合[編集]

2004年に日本テコンドー連盟を元に分裂した団体。2006年に社団法人全日本テコンドー協会に統合。

全日本テコンドー協会[編集]

1990年代に日本テコンドー連盟に対抗する形で発足。1999年に日本テコンドー連盟に吸収合併。その後再度の分裂を経て、社団法人全日本テコンドー協会に統合。

在日本大韓テコンドー協会[編集]

1969年に日本でのテコンドー普及を目的に結成された団体。総本部は大阪。1999年から日本テコンドー連盟と協力関係を築いた。

鷲会 (イーグル会)[編集]

1970年代に創設された神奈川県川崎市にある道場。1999年から日本テコンドー連盟で選手登録をおこなった。もともと空手道場だが、1982年に会長が韓国空手を教えに渡った際、現地でテコンドーを覚え日本へ持ち帰った。会長は田中角栄のボディガードを務めた経歴を持つ[3]

脚注[編集]

  1. ^ 平成 25 年 12 月 10 日 内閣府大臣官房 公益法人行政担当室 [1]
  2. ^ 朝日新聞 全日本テコンドー協会、公益認定を自主返上へ 2014年4月6日21時18分
  3. ^ 月刊空手道 (2004年4月). “セイフティ空手道の巻”. 福昌堂. 2010年2月4日閲覧。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]