先史ヨーロッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

先史ヨーロッパ(せんしよーろっぱ)では、先史時代ヨーロッパについて、その概略を述べる。

先史ヨーロッパの芸術[編集]

人類歴史を通して、約28,000年前には最古の芸術作品がつくられたという。古代の美術といえば洞窟壁画が最も有名である。先史時代の人びとは洞穴で暮らし、その壁に先の尖った石で切り込みをいれ、模様をつけ、最後に色をつけたと考えられている。

1940年代、フランスラスコー洞窟で有名な洞窟壁画が発見された。紀元前15,000年から10,000年頃のものと思われる壁画には互いに向き合ったウマウシシカの姿が生き生きと太い黒線と明るい彩色で描かれており、ライオンクマの姿も見られる。これらの絵は複雑な洞窟の奥にあったおかげで、長い間たった今でもはっきりと残されている。洞窟内部はきわめて複雑につながっており、発見されたきっかけは、偶然にも少年が穴に落ちた犬を追ったからだという。

なぜ先史時代の人々はこうした動物達を描いたのか、これを実証するすべはないが、狩猟をしていた人々は、動物たちの魂の鏡とされた絵姿を殺すことで狩猟の成功を願っていたのではないかという説がある。あるいは、原始信仰が密接に関わっていただろうという推論もある。動物人間はもちろん、全ての物質にはが宿っているという信仰アニミズム、または精霊崇拝というが、これらは狩猟を営んでいる民族、インディアンイヌイットアイヌ民族に広くみられる。狩猟民族の神話民話からは、自分達の先祖は動物達と密接な関係があると信じられていることが多いことがうかがわれる。

大規模な壁画以外にも先史のヨーロッパ人達は持ち運びが可能な手ごろな石を見つけては、形に見合った像を作っていた。特に有名なものとしてはヴィレンドルフのヴィーナスがある。胸部と腹部を強調した女性像があり、子孫繁栄の願いを託したものと考えられている。

ストーンヘンジ[編集]

他に著名なものは、英国南部にあるストーンヘンジ(先住民族の巨石記念物のひとつ)がある。この遺跡は全体が、太陽が一年で最も高く上る場所を向いている為に太陽崇拝の跡とされている。用途として、祭祀場や礼拝場、あるいは天文台など、さまざまに推定されている。

関連項目[編集]