ゴードン・チャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィア・ゴードン・チャイルド(Vere Gordon Childe、1892年4月14日 - 1957年10月19日)は、オーストラリア生まれの考古学者文献学者。ヨーロッパ先史時代の研究を専門とし、新石器革命(食料生産革命)、都市革命を提案した。

概要[編集]

積極的な社会主義者であったチャイルドは、マルクス主義の社会・経済理論を受け入れており、異端視された初期のマルクス主義考古学の提唱者であり、マルクス主義考古学と彼の文化史的考古学の視点を結合した。 チャイルドは、最初はエディンバラ大学において、後にロンドンにある考古学研究所において、イギリス在住の研究者として人生の大部分を過ごした。チャイルドは考古学・先史学における多くの先駆的な本を書き、とりわけ『文明の起源』(原題:Man makes himself、1936年)及び『歴史のあけぼの』(原題:What Happened in History、1942年)で最もよく知られている。

また、近藤義郎 訳『考古学の方法』(河出書房新社、1964年/改訂新版1981年、新装版1994年)、近藤義郎木村祀子 訳『考古学とは何か』(岩波書店〔岩波新書〕、1969年)などは、日本の考古学方法論に大きな影響を与えた。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国ではインディアナ・ジョーンズがゴードン・チャイルドから影響を受けたことが明らかになっている。