倪道ロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「倪道烺」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
倪道烺
Ni Daolang.jpg
『中華民国維新政府概史』(1940年)
プロフィール
出生: 1879年4月12日
光緒5年3月21日)
死去: 1952年5月10日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国安徽省蚌埠市
出身地: 清の旗 安徽省頴州府阜陽県
職業: 政治家・軍人
各種表記
繁体字 倪道烺
簡体字 倪道烺
拼音 Ní Dàolǎng
注音符号 ㄋ|ˋ ㄉㄠˋ ㄌㄤˇ
和名表記: げい どうろう
発音転記: ニー ダオラン
ラテン字 Ni Tao-lang
テンプレートを表示

倪 道烺(げい どうろう)は、中華民国の政治家・軍人。中華民国維新政府、南京国民政府(汪兆銘政権)の要人。炳文北京政府安徽派の有力軍人であった倪嗣沖の甥。

事跡[編集]

1913年民国2年)、安徽督軍となった倪嗣沖の下で、倪道烺は長蘆塩雲銷総局総弁となる。1918年(民国7年)、鳳陽関監督に任ぜられた。1921年(民国10年)6月2日、倪道烺は学生デモを武力で鎮圧したため(安徽六・二惨案)、非難を浴びて失脚し、一時天津に蟄居している。

1924年(民国13年)11月、段祺瑞が臨時執政として復権すると、安徽軍事善後特派員に任命された。1927年(民国16年)初頭に、張宗昌が安国軍副総司令兼直魯聯軍総司令になると、倪道烺は直魯聯軍予備軍軍長となった。しかし、直魯聯軍が中国国民党北伐軍に敗北すると、倪は再び天津に逃げ込んで蟄居した。

1937年(民国26年)、日中戦争(抗日戦争)が勃発すると、倪道烺は梁鴻志殷汝耕江朝宗王揖唐らと密かに連絡を取り合い、親日政権樹立を画策する。翌年7月、安徽省地方維持会会長となる。11月、中華民国維新政府に参加して安徽省省長に任ぜられた。

1940年(民国29年)3月、倪道烺はそのまま汪兆銘(汪精衛)の南京国民政府に参加し、9月、安徽省政府主席に改めて任ぜられている。1943年(民国32年)1月[1]、安徽省政府主席から安徽省長に改めて任ぜられたが、同月中に辞任した。なお、1942年(民国31年)からは、国民政府委員をつとめている。

日本敗北後、倪道烺は蒋介石国民政府により、漢奸として逮捕された。中華人民共和国成立後の1952年3月、身柄を蚌埠市に移送されている。5月10日、蚌埠市軍事管制委員会軍法処により、改めて「叛国投敵」の罪に問われて処刑された。享年74(満73歳)。

[編集]

  1. ^ 劉寿林ほか編『民国職官年表』、1115頁による。なお、徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は、1941年(民国30年)12月8日に安徽省政府主席を辞職し、同日中に国民政府委員に異動した、としている。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局、1995年ISBN 7-101-01320-1
 CJZ1.png 中華民国維新政府
先代:
(創設)
安徽省長
1938年11月 - 1940年3月
次代:
(汪兆銘政権に継続)
 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(維新政府から継続)
安徽省長
1940年3月 - 9月
次代:
(安徽省政府主席に改組)
先代:
(安徽省長から改組)
安徽省政府主席
1940年9月 - 1943年1月
次代:
(安徽省長に改組)
先代:
(安徽省政府主席から改組)
安徽省長
1943年1月
次代:
高冠吾