保渡田古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八幡塚古墳

保渡田古墳群(ほとだこふんぐん)は、群馬県高崎市保渡田町・井出町にある古墳群1985年昭和60年)9月3日に国の史跡に指定された。

概要[編集]

本古墳群は、榛名山の南麓の保土田・井出の地に分布しており、二子山古墳・八幡塚古墳・薬師塚古墳の三基の大型前方後円墳が残っている。群の西南部に最大規模の二子山古墳があり、その東北方[1]に八幡塚古墳、その西北西[2]に薬師塚古墳がある。

築造年代は、5世紀代の後半も終わりに近い頃から6世紀前半代にかけてであり、二子山古墳・八幡塚古墳・薬師塚古墳の順に造営されたと推定されている。

規模・形状[編集]

二子山古墳[編集]

二子山古墳

墳丘長108メートル、後円部径74メートル、高さ10メートル、墳丘部が三段築成で、前方部幅71メートル、高さ7メートル。周濠は馬蹄形で二重に造られており、内濠部に後円部を囲むようにくびれ部と斜面側後方部分に中島を4基配置している。墳丘・中島・中低部とも川原石で葺石としている。埴輪円筒列を巡らしている。墳丘北側の中堤部分の一角から外濠西北隅の外側部分に人物埴輪・飾馬・イノシシ・イヌ・盾・蓋(きぬがさ)・家などの形象埴輪[3]を配置した区画が見つかっている。

八幡塚古墳[編集]

八幡塚古墳石棺

墳丘長102メートル、後円部径56メートル、高さ現存約6メートル、前方部幅53メートル。高さは削平されて分からない。周濠は馬蹄形で二重に取り巻き、さらに外側を幅の狭い外周溝が巡る。内濠部のくびれ部と後円部後側に4基の中島が配置されている。墳丘には葺き石が葺かれ、円筒列が墳丘裾部、中島裾部、中堤縁に見られ、人物類、ウマ、イノシシ、水鳥、ニワトリなどの形象埴輪が前方部前面の中堤上に円筒埴輪列で方形に区画された部分から出土している。埴輪祭祀の一つの表現様式として注目されている。

薬師塚古墳[編集]

薬師塚古墳

墳丘部が西小寺の堂宇や墓地のため、南側から東側に書けてかなり削り取られている。墳丘長100メートルを超え、二重に周壕を巡らしていたと推定されている。葺石が葺かれ、埴輪類が配されていた。

埋葬施設・副葬品[編集]

二子山古墳の主体部は、後円部頂部のほぼ中央にあり、川原石積み竪穴式石室であり、舟形石棺を置いているが破壊されており、鉄鏃片などの出土が知られているにすぎない。

八幡塚古墳は、後円部に舟形石棺と砂利層が露出しており、石槨が存在したと推測されているが、詳細は明らかでない。副葬品は鉄地金銅張f字形鏡板の轡と同剣菱形杏葉、小石槨から鉄刀片、甲冑片が出土したとの伝承がある。また、墳丘東側くびれ部の中島から高杯の土師器が出土しているが、初期須恵器高杯を模造したもので、古墳時代後期の初期と推測されている。

薬師塚古墳は、天和3年(1683年)に発掘されたとされる凝灰岩製の舟形石棺(長さ2.9メートル)が後円部頂部に保存されている。その時に出土した仿製(ぼうせい)内行花文鏡、鋳銅製馬具類[4]、玉類が西光寺に伝来・保管されており、重要文化財に指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 後円部中心間の距離は約320メートル。
  2. ^ 後円部中心間の距離は約290メートル。
  3. ^ これらは埴輪人物像出現期の古墳の特徴である。
  4. ^ 鈴付f字形鏡板の轡、鈴付杏葉、馬鐸、辻金具

参考文献[編集]

  • 梅沢重昭 「保渡田」『図説 日本の史跡 第2巻 原始2』 文化庁文化財保護部史跡研究会監修、同朋舎出版、1991年ISBN 978-4-8104-0925-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]