人間不信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人間不信(にんげんふしん、: Misanthropy)とは、何らかの原因で他人を信じられなくなること。狭義では、一般的な社会生活を行えないほどの重度の症状を指すが、広義には人間関係のいざこざによる軽度のものも含まれる事がある。

概要[編集]

原因はさまざまだが、大別すると「最も信頼していた人物に裏切られた」「誰かに騙され、大きな損失を被った」などのトラウマによるものと、なんらかの精神病などによるものに分けられる。一般的に「人間不信」とする場合は前者をさすことが多い。

人間同士の障害を言うことが多いが、などが人間による虐待を受けるなどして陥ることもある。

人間不信には精神病と関連するものとそうでないものがある。

治療法[編集]

根本的な治療法が確立されているわけではないが、一般的に治療の際は心理カウンセラーに通院し、過去の問題やトラウマと立ち向かい、克服する方法が行われる。

人間不信を扱った作品[編集]

関連項目[編集]