下田豊松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下田 豊松(しもだ とよまつ、1887年 - 1972年10月10日)は、北海道岩内郡生まれの日本のボーイスカウト運動の黎明期に活躍した初代チーフスカウト。

概要[編集]

父は金沢藩からの開拓団「起業社」に参加していた下田仁三郎。弟は、日本でのアスパラガスの栽培・生産の第一人者である下田喜久三

来歴[編集]

関連書籍[編集]

  • 『下田豊松物語 - 無名の初代チーフスカウト』(小町國市、クニ・スカウティング・ライブラリー)

関連項目[編集]