小柴博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小柴 博(こしば ひろし、1884年11月9日 - 1925年6月19日)は、島根県津和野町出身の日本のボーイスカウト運動の創始者のひとり。

津和野小学校卒業。兵庫県立姫路中学校に入学するが、家庭の事情により中退。

  • 1903年島根師範学校の講習生となる。
  • 1905年、小学校本科正教員免許を取得し、津和野小学校の教員となる。
  • 1907年、上京し、赤坂尋常高等小学校に勤務。同僚であった蓮沼門三(はすぬま もんぞう)、磯規矩馬(いそ きくま)とともに、修養団運動に携わる。
  • 1909年、「修養団幼年会」を発会させる。この会は久留島武彦岸辺福雄天野雉彦らの応援を得て、解散までの6年間に61回の会合が開催された。会合では、童話などの口演、精神訓話、歌唱、遠足運動、団体訓練などが行われ、毎回非常な盛況であったと伝えられる。
  • 1913年10月7日、蓮沼門三と瓜生喜三郎がロシア駐在大使・本野一郎を訪ね、青少年教育について討議を行った。その折、彼らは本野よりヨーロッパにおけるボーイスカウトの近況を詳しく紹介され、その素晴らしさを知って大いに感じいった蓮沼と瓜生は、小柴にこれを伝える。

小柴は直ちに少年教育団体の結成に着手、幼年会の別働隊として「東京少年軍」を組織する。