上海海鴎照相機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「上海海鷗照相機」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
上海海鷗照相機有限公司
上海海鸥照相机有限公司
Shanghai Seagull Camera Ltd
種類 有限公司
略称 海鷗(海鸥
シーガル (Seagull)
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
上海市
設立 1997年[1]
業種 精密機器
事業内容 カメラ
外部リンク http://www.seagull-cn.com/
テンプレートを表示

上海海鷗照相機(シャンハイハイオウチャオシアンチー、簡体字: 上海海鸥照相机拼音: shànghǎi hǎiōu zhàoxiàngjī)は、中華人民共和国カメラメーカー。日本語では上海海鷗カメラとも。英語名 Shanghai Seagull Camera。略称海鷗海鸥拼音: hǎiōu)、シーガル (Seagull)

本社は上海

略史[編集]

1958年、上海照相機廠(上海照相机厂)が成立[1]

海鷗(海鸥)ブランドは1967年から、上海(上海)ブランドに替わって使用開始された[1]

現在の法人「上海海鷗照相機有限公司(上海海鸥照相机有限公司)」は1997年成立。

主なカメラ[編集]

1949年の新中国建国から20周年を記念し、ドイツの最高級「ライカM3」に比肩するカメラを製造すべし旨の毛沢東夫人江青の指示を受けて作られたライカM3に比肩する類似設計の「紅旗20」もこのメーカー製といわれる。

2010年現在新品で海鷗4シリーズの二眼レフが日本でも比較的容易に入手できる(かつては日本テクサなどに二眼レフOEM供給していた)。

出典[編集]

関連項目[編集]