三野郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香川県三野郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された地域)

三野郡(みのぐん)は1899年明治32年)まで讃岐国香川県にあった

郡域[編集]

1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  • 三豊市(山本町辻、山本町河内、豊中町本山乙を除く)
  • 観音寺市(本大町)

観音寺市本大町は後に豊田郡に編入されている。

歴史[編集]

  • 最初は高瀬郷、勝間郷、託間(詫間)郷、熊岡(比地)郷、本山郷、高野郷、大野郷から構成されたが、その後大野郷から分離して財田郷が成立した。

近代以降の沿革[編集]

  • 「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領倉敷代官所が管轄。(37村)
    • 丸亀藩(32村) - 上高瀬村、下勝間村、上勝間村、佐股村、下麻村、上麻村、財田中村、財田西村[1]、大野村、本ノ大村、寺家村、上高野村、竹田村、笠岡村、新名村、比地中村、比地大村、比地村、下高野村、岡本村、仁尾村、大浜浦、箱浦、生里浦、粟島、志々島、詫間村、吉津村、下高瀬村、家浦、香田浦、積浦
    • 多度津藩(5村) - 神田村、財田上村、羽方村、松崎村、大見村
  • 1871年(明治4年)
  • 1873年(明治6年)2月20日 - 名東県の管轄となる。
  • 1874年(明治7年) - 名東県第23大区となる。
  • 1875年(明治8年)9月5日 - 香川県(第2次)の管轄となる。
  • 1876年(明治9年)8月21日 - 第2次府県統合により愛媛県の管轄となる。同県第7大区となる。
  • 1878年(明治11年)12月16日 - 郡区町村編制法の愛媛県での施行により、行政区画としての三野郡が発足。「豊田三野郡役所」が豊田郡観音寺村に設置され、豊田郡とともに管轄。
  • 1888年(明治21年)12月3日 - 香川県(第3次)の管轄となる。
1.仁尾村 2.荘内村 3.粟島村 4.詫間村 5.大見村 6.吉津村 7.下高瀬村 8.上高瀬村 9.勝間村 10.笠田村 11.比地二村 12.比地大村 13.桑山村 14.本山村 15.上高野村 16.二ノ宮村 17.麻村 18.神田村 19.財田村 20.財田大野村(桃:三豊市。21 - 36は豊田郡)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 記載は西野村。

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
三豊郡