七つの海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全世界の海はいくつかの海洋に分かれる。現在公式には、IHOにより66の海洋に分けられている。

七つの海(ななつのうみ、: the Seven Seas)は、「(既知の)全世界の」を表す言葉である。

具体的な7つの海域を数え上げることもある。ただし、どの7つを数えるか、また、実際にどの範囲が「全世界」とみなされるかは、地域と時代によって異なる。

英語圏では、ラドヤード・キップリング1896年の詩「七つの海 (The Seven Seas)」で有名になった言葉である。

七つの海の例[編集]

以下に、代表的ないくつかの例を挙げるが、これ以外にもある。

中世アラビア[編集]

中世アラビア人は、彼らが帆船で航海した全ての海を7つに数え上げた。これが本来の「七つの海」であると言える。

中世ヨーロッパ[編集]

中世ヨーロッパの七つの海

ヨーロッパ人は、多少異なる範囲を七つの海と呼んだ。

大航海時代[編集]

大航海時代になり初めて、「七つの海」の範囲は実際に全世界になった。

現代[編集]

五大洋。このうち大西洋と太平洋を南北に分けたのが七大洋である。

現代は、次のように数えることが多い。全て大洋であるため、「七つの大洋(七大洋)」とも呼ばれる。

外部リンク[編集]