一級鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一級鉄道の路線図

一級鉄道(Class I railroad)は、アメリカ合衆国メキシコ合衆国およびカナダ(カナダではClass I rail carrierと呼称する)で、貨物鉄道運営組織を収入規模別に三つに分けたときの最大規模のグループをいう。

一級鉄道より規模の小さな鉄道は、収入に応じて二級鉄道三級鉄道に区分される。その区分は時代によって異なる。

現行の基準[編集]

アメリカ合衆国陸上運輸委員会Surface Transportation Board、STB)は、一級鉄道を毎年の営業収益が2億5,000万ドル以上あるものと定義している。この収入は、労働統計局Bureau of Labor Statistics、BLS)による鉄道貨物運賃の変動も加味されて算出される[1]アメリカ鉄道協会(AAR)によれば、2006年において各一級鉄道は少なくとも3億4,680万ドルの営業収益があった[2]

カナダにおいては、直近2年間の年間総収入が2億5,000万カナダドル以上の鉄道と定義している(2004年現在)。

アメリカにおける基準を定義するにあたっては、各区分において規制が異なるため、常に主観的なものとなっている。1991年初頭、モンタナ・レール・リンクウィスコンシン・セントラルは一級鉄道に区分されたくないがために、州際通商委員会(ICC)に営業収益の最低基準を上げるように要請した。一級鉄道になると、鉄道経営に対する規制が異なるため、大幅な出費が必要となるためである。当時の基準は9,350万ドルであった[3]。基準は1992年に現行の2億5,000万ドルに引き上げられ、フロリダ・イースト・コースト鉄道は二級鉄道へと再定義された。二級鉄道の基準は2,000万ドルのままとされた[4]

現行の一級鉄道[編集]

現在、北米では11社の鉄道運営会社が一級鉄道と定義されている。

アメリカ合衆国[編集]

カナダ[編集]

アメリカ国内に路線を持つものも含む。

メキシコ[編集]

メキシコの鉄道会社は、アメリカ国内に路線を持たない。

旅客輸送[編集]

都市間旅客輸送を行うアメリカのアムトラックとカナダのVIA鉄道は、それぞれ一級鉄道と見なされている。

歴史[編集]

アメリカにおける区分は、1930年代にICCによって設けられた。当初、一級鉄道は営業収益100万ドルと定義され、1939年には132の鉄道を数えた。

「営業収益100万ドル」の基準は1956年まで適用された。1956年当時、一級鉄道は113あった[8]。当時はインフレーションが進行しており、1956年には営業収益300万ドルに基準が引き上げられた。1963年までには一級鉄道は102に減った。以後、1965年には基準が500万ドルに、1976年には1,000万ドルに、1978年には5,000万ドルに引き上げられた。1978年には一級鉄道の数は41となった。

三級鉄道の区分は1956年に一度消滅したが、1978年に再度設定された。1979年入換専業鉄道は、営業収益が一級鉄道の基準を満たすものであっても三級鉄道に区分された。

現在、二級鉄道と三級鉄道への指定が鉄道以外に行われることはほとんどない。アメリカ鉄道協会は一級鉄道以外を下記の三つに区分している。

  • 地域鉄道 - 営業路線延長350マイル(約563キロメートル)または営業収益4,000万ドルの鉄道
  • 地区鉄道 - 地域鉄道未満の規模で、長距離輸送も行う鉄道
  • 入換専業鉄道 - ターミナル駅において、入換作業、異なる鉄道会社間を運行する列車の引き継ぎ作業、ターミナル駅の営業などを行う鉄道

アメリカにおいては陸上運輸委員会が二級鉄道・三級鉄道の定義を用いている。労働法において、それぞれの労働者に対する規制が異なっているためである。

経営統合[編集]

長年に渡り、一級鉄道は統合を繰り返してきた。その理由はさまざまで、単体での経営ではいずれ倒産してしまうために他の鉄道と合併して生き残る道を選ぶものもあれば、他の鉄道と合併して利益体質を高めることもある。下記に一級鉄道同士の統合を記述する。

一級鉄道の変遷[編集]

会計年度 基準 鉄道 備考
1950年代  

ACY, AGS, CA, AA, ATSF, ASAB, AWP, AD, ACL, BO, BAR, BLE, BM, BRI, CI, CN, CP, CG, CNJ, CRP, CV, CWC, CO, CEI, CIM, CNW, CBQ, CGW, CIL or MON, MILW, RI, CMO, CNTP, CRR, CS, CW, CAGY, DH, DLW, DRGW, D&SL, DM, D&TS, DTI, DMIR, DWP, DSA, EJE, ERIE, FEC, FW&D, GA, G&F, GS&F, GTW, GN, GBW, GM&O, IC, ITC, I-GN, KCS, KOG, LS&I, LHR, LNE, LV, LI, L&A, LN, MEC, MV, MSTL, SOO, MSC, M-I, MKT, MP, MGA, MTR, NC, NYC, NKP, NYCN, NH, OW, NYSW, NW, NS, NP, NWP, OCAA, OE, PRR, PRSL, PM, PLE, PS, P&WV, RDG, RFP, R, SN, SLSF, SSW, SAL, SP, SOU, SI, SPS, SIR, TC, TN, TP, TM, TPW, UP, UTAH, VGN, WAB, WA, WM, WP, WLE, WC,

 
1953年[9]  

ACY, AGS, AA, ATSF, ASAB, AWP, AD, ACL, BO, BAR, BSLW, BLE, BM, CI, CN, CP, CG, CNJ, CRP, CV, CWC, CO, CO (PM), CEI, CIM, CNW, CBQ, CGW, CIL, MILW, RI, CMO, CNTP, CRR, CS, CW, CAGY, DH, DLW, DRGW, DM, D&TS, DTI, DMIR, DWP, DSA, EJE, ERIE, FEC, FW&D, GA, G&F, GS&F, GTW, GN, GBW, GM&O, IC, ITC, I-GN, KCS, KOG, LS&I, LHR, LNE, LV, LI, L&A, LN, MEC, MV, MSTL, SOO, MSC, M-I, MKT,MKTT, MP, MGA, M, NC, NO&NE, NOT&M, NYC, NKP, NH, OW, NYSW, NW, NS, NP, NWP, OCAA, P&SF, PRR, PRSL, PLE, PS, P&WV, RDG, RFP, R, SN, SLB&M, SLSF,SLSFT, SSW,SSWT, SAUG, SAL, SP, SOU, SI, SPS, SIR, TC, T&NO TN, TP, TM, TPW, UP, UTAH, VGN, WAB, WA, WM, WP,

 
1963年[10]  

ACY, AGS, ATN, ALQS*, ALS*, AA, ATSF, ASAB, AWP, ACL, BOCT*, BO, BAR, BRC*, BLE, BS*, BM, CN, CP, CTN*, CRN CG, CNJ, CV, CWC, CO, CO (PM), CEI, CIM, CNW, CWI*, CBQ, CGW, CIL or MON, MILW, CRI*, RI, CNTP, CRR, CS, CW, CBL*, CUVA*, DH, DRGW, D&TS, DTI, DMIR, DWP, EJE, EL, FEC, FW&D, GWF*, GA, G&F, GS&F, GTW, GN, GBW, GM&O, HBT*, IC, ITC, IHB*, IU*, KCS, KCT* KOG, KIT*, LEE*, LS&I, LT* LHR, LV, LI, L&A, LN, MEC, MNS, MI, MKT, MP, MGAC, NSS*, NO&NE, NOPB*, NOT*, NYC, NKP, NH, NYSW, NW, NS, NP, NWP, PE, PBR*, PRR, PRSL, PPU*, PBNE*, PN, PLE, P&WV, PTM*, QAP, RDG, RFP, RT*, R, SLSFT, SLSF, SSW, SDAE, SA, SAL, SOO, SB*, SP, SOU, SI, SPS, SIR, TC, TRRA*, TP, TM, TPMP*, TPW, UP, URR*, WAB, WM, WP, WA,

 * 入換専業鉄道
1984年  

AGS, AMTK, ATSF, BLE, BM, BN, BO, CG, CN, CNTP, CNW, CO, CP, CR, DH, DMIR, EJE, FEC, FXE, GTW, ICG, KCS, MILW, MKT, MP, NW, PLE, SBD, SOO, SOU, SP, SSW, UP, WP,

 
1995年  

ATSF, BN, CR, CSXT, GTW, IC, KCS, NS, SOO, SP, UP,

 
1996年 2億5590万ドル

BNSF, CR, CSXT, GTW, IC, KCS, NS, SOO, UP,

 
2000年 2億5640万ドル

BNSF, CSXT, GTW, IC, KCS, NS, SOO, UP,

CNはICを買収。2000年から2001年の間は、ICは独立した企業であった。
コンレールはCSXとNSにCRに分割譲渡された

2002年 2億6670万ドル

BNSF, CN, CP, CSXT, FXE, GTW, KCS, NS, SOO, TFM, UP,

 
2004年 2億7770万ドル

BNSF, CN, CP, CSXT, FXE, KCS, NS, KCSM, UP,

 

脚注[編集]

  1. ^ 49 CFR Part 1201, General Instrucutions 1-1, GPO, 2007
  2. ^ Class I Railroad Statistics, AAR, April 21, 2008
  3. ^ Arrivals and Departures, Trains March 1991
  4. ^ Arrivals and Departures, Trains November 1992
  5. ^ Annual Report of Norfolk Southern Combined Railroad Subsidiaries to the Surface Transportation Board for the Year Ended December 31, 2007, p. 13
  6. ^ Annual Report of Grand Trunk Corporation to the Surface Transportation Board for the Year Ended December 31, 2007, p. 18
  7. ^ Annual Report of Soo Line Railroad Company to the Surface Transportation Board for the Year Ended December 31, 2007, p. 18
  8. ^ Profiles of the regionals, Trains December 1991
  9. ^ Anon (January 1953). The Official Railroad Equipment Register. LXVIII. ニューヨーク・: The Raiload Equipment and Publications Company. pp. pp.xii-xxiv. 
  10. ^ Anon (January 1963). The Official Railroad Equipment Register. LXXVIII. ニューヨーク: The Raiload Equipment and Publications Company. pp. pp.xi-xxii. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]