ヴャチェスラフ・イヴァーノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1900年のイヴァーノフ

ヴャチェスラフ・イヴァーノフロシア語: Вячеслав Иванович Иванов, ラテン文字転写: Vyacheslav Ivanovich Ivanov, 1866年2月28日ユリウス暦2月16日〕- 1949年6月16日)は、20世紀ロシアの作家、詩人。

生涯[編集]

モスクワに生まれ、モスクワ大学へ進学し哲学と歴史を学んだ。このときの教師の一人としてヴィクトル・ヴィノグラードフがあげられる。1886年ベルリン大学へ留学し、テオドール・モムゼンからローマ法と経済を学んでいる。ドイツ滞在中にフリードリヒ・ニーチェの哲学やノヴァーリスフリードリヒ・ヘルダーリンの文学に影響を受けた。1892年からはローマで考古学の研究に従事し、博士課程を修了。そこで出会った詩人リディア・アンニバルと1899年に結婚し、アテネジェノヴァエジプトパレスチナへと旅行した。1905年からサンクトペテルブルクで文学サークル「塔」(башня) を主宰し、ロシア象徴主義の第2世代の理論的指導者として活動。ロシア革命後の1920年バクー大学へ移った後、1924年に亡命してローマに居住。1926年にはカトリックの洗礼を受けた。パヴィア大学フィレンツェ大学でスラヴ学を講義し、ローマで没した。

思想[編集]

イヴァーノフの哲学はヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ、ドイツ観念論、スラヴ主義、ウラジーミル・ソロヴィヨフ、ニーチェの影響下に成立した。イヴァーノフは本格的な学識を持ち、詩人であるだけでなく、博学な文献学者、ロシア最高のギリシャ学者、随筆家、批評家でもあった。イヴァーノフの詩は、教会スラヴ語から採られた難解な表現にあふれ注釈を必要とする。彼の思想は保守派・神秘家・アナーキスト・心霊学者・愛国者・共産主義者と表面上は絶えず変化したにもかかわらず、その本質はいつも同じである。それはキリスト教とディオニュソス主義を同一視する傾向であり、その美学はリヒャルト・ワーグナーの立場に近い。

著作[編集]

詩集[編集]

  • 『導きの星』Кормчие звёзды(1903年)
  • 『エロス』Эрос(1907年)

論文集[編集]

  • 『星を追って』По звёздам(1909年)
  • 『あぜと境界』Борозды и межи(1916年)
  • 『祖国と宇宙』Родное и вселенское(1917年)

参考文献[編集]