ヴォルフガング・ティールゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォルフガング・ティールゼ(2005年)

ヴォルフガング・ティールゼWolfgang Thierse, 1943年10月22日 - )は、ドイツ政治家ドイツ社会民主党 (SPD) 所属。

シュレジエンブレスラウ(現在のポーランドドルヌィ・シロンスク県ヴロツワフ)出身。カトリック教徒。戦後ドイツの東西分裂に伴い、東ドイツで育ち、ベルリン大学で学ぶ。大学卒業後は東ドイツ文化省に勤務する。1989年新フォーラム (Neues Forum) に参加し、翌1990年にSPDに入党。ドイツ再統一後は、ドイツ連邦議会議員となり、副議長を経て、1998年に連邦議会議長に選出され2期務めた。2005年から連邦議会副議長。

外部リンク[編集]

先代:
リタ・ジュースムート
ドイツ連邦議会議長
1998年 - 2005年
次代:
ノルベルト・ランメルト