ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック
フリートウッド・マックコンピレーション・アルバム
リリース 2002年10月12日
録音 1975年-1997年
ジャンル ロック
レーベル リプリーズ・レコード
プロデュース フリートウッド・マック
リンジー・バッキンガム
キース・オルセン
リチャード・ダシュット
ケン・キャレイ
グレッグ・ラダニー
エリオット・ シャイナー
フリートウッド・マック 年表
ザ・ダンス
(1997年)
ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック
(2002年)
セイ・ユー・ウィル
(2003年)
テンプレートを表示

ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック(The Very Best of Fleetwood Mac)は2002年に発売になったフリートウッド・マックのコンピレーション・アルバムである。2003年に発売するアルバム『セイ・ユー・ウィル』のプロモートとして発売された。アメリカでは2枚組アルバムとして発売され、イギリスでは1枚組アルバムで発売された。ビルボード200では2002年11月2日付で12位に現れた。42週チャート入りした。RIAAはアルバムに対して2002年11月12日にゴールドを認定し、2003年1月10日にプラチナムを認定した。

アメリカ版は黄金時代(1975年以降)のフリートウッド・マックの曲が収録されている。それまでリリースされていなかった「シルヴァー・スプリングス」と『ザ・ダンス』の「ゴー・インセイン」の演奏、そしてエンハンスドエリアにライブ演奏、インタビュー、音楽ビデオやバンドが新作アルバムを作る場面が含まれている。

イギリス版にはエンハンスドエリアは存在せず、ピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックの曲が収録されている。

イギリス版曲順[編集]

  1. オウン・ウェイ - "Go Your Own Way" (Lindsey Buckingham)
  2. ドント・ストップ - "Don't Stop" (Christine McVie)
  3. ドリームス - "Dreams" (Stevie Nicks)
  4. リトル・ライズ - "Little Lies" (C. McVie, Eddy Quintela)
  5. エヴリホエア - "Everywhere" (C. McVie)
  6. あほうどり - "Albatross" (Peter Green)
  7. ユー・メイク・ラヴィング・ファン - "You Make Loving Fun" (C. McVie)
  8. リアノン - "Rhiannon" (Nicks)
  9. ブラック・マジック・ウーマン - "Black Magic Woman" (Green)
  10. タスク - "Tusk" (Buckingham)
  11. セイ・ユー・ラヴ・ミー - "Say You Love Me" (C. McVie)
  12. マン・オブ・ザ・ワールド - "Man of the World" (Green)
  13. セブン・ワンダーズ - "Seven Wonders" (Sandy Stewart, Nicks)
  14. ファミリー・マン - "Family Man" (Buckingham, Richard Dashut)
  15. セーラ - "Sara" (Nicks)
  16. マンデイ・モーニング - "Monday Morning" (Buckingham)
  17. 愛のジプシー - "Gypsy" (Nicks)
  18. オーヴァー・マイ・ヘッド - "Over My Head" (C. McVie)
  19. ランドスライド - "Landslide" (Nicks)
  20. ザ・チェイン - "The Chain" (Buckingham, Mick Fleetwood, C. McVie, John McVie, Nicks)
  21. ビッグ・ラヴ - "Big Love (Live, 1997)" (Buckingham)

アメリカ版曲順[編集]

ディスク1[編集]

  1. マンデイ・モーニング - "Monday Morning" (Buckingham) – 2:48
  2. ドリームス - "Dreams" (Nicks) – 4:14
  3. ユー・メイク・ラヴィング・ファン - "You Make Loving Fun" (C. McVie) – 3:31
  4. オウン・ウェイ - "Go Your Own Way" (Buckingham) – 3:38
  5. リアノン - "Rhiannon" (Nicks) – 4:09
    • 1976年のシングル版。
  6. セイ・ユー・ラヴ・ミー - "Say You Love Me" (C. McVie) – 4:09
  7. アイム・ソー・アフレイド - "I'm So Afraid (Live, 1997)" (Buckingham) – 6:00
  8. シルヴァー・スプリングス - "Silver Springs" (Nicks) – 4:35
    • スタジオ版の編集。
  9. オーヴァー・マイ・ヘッド - "Over My Head" (C. McVie) – 3:34
    • 1975年のシングル版。
  10. もう帰らない - "Never Going Back Again" (Buckingham) – 2:02
  11. セーラ - "Sara" (Nicks) – 6:26
  12. ラヴ・イン・ストアー - "Love in Store" (C. McVie, Jim Recor) – 3:23
  13. タスク - "Tusk" (Buckingham) – 3:29
  14. ランドスライド - "Landslide" (Nicks) – 3:16
  15. ソングバード - "Songbird" (C. McVie) – 3:20
  16. ビッグ・ラヴ - "Big Love (Live, 1997)" (Buckingham) – 3:39
    • ザ・ダンスに収録
  17. 夜ごとの嵐 - "Storms" (Nicks) – 5:28

多くのコンピュータで利用できるマルチメディア部分には、ミュージック・ビデオやインタビュー、ディスコグラフィやこのディスクでしか得られないスペシャル・ウェブサイトへのパスワードなどが入っている。

ディスク2[編集]

  1. ザ・チェイン - "The Chain" (Buckingham, Fleetwood, Nicks, C. McVie, J. McVie) – 4:28
  2. ドント・ストップ - "Don't Stop" (C. McVie) – 3:11
  3. 何が貴女を - "What Makes You Think You're the One" (Buckingham) – 3:30
  4. 愛のジプシー - "Gypsy" (Nicks) – 4:23
  5. セカンド・ハンド・ニュース - "Second Hand News" (Buckingham)" – 2:43
  6. リトル・ライズ - "Little Lies" (C. McVie, Quintela) – 3:38
  7. シンク・アバウト・ミー - "Think About Me" (C. McVie) – 2:44
    • 1980年のシングル版。
  8. ゴー・インセイン - "Go Insane (Live, 1997)" (Buckingham) – 4:20
    • ザ・ダンスのときに演奏しているがDVD版のみに収録されていた。
  9. ゴールド・ダスト・ウーマン - "Gold Dust Woman" (Nicks) – 4:51
  10. ホールド・ミー - "Hold Me" (C. McVie, Robbie Patton) – 3:46
  11. セブン・ワンダース - "Seven Wonders" (Stewart, Nicks) – 3:38
  12. ワールド・ターニング - "World Turning" (Buckingham, C. McVie) – 4:25
  13. エブリホエア - "Everywhere" (C. McVie) – 3:43
  14. 月世界の娘 - "Sisters of the Moon" (Nicks) – 4:37
    • 1980年のシングル版。
  15. ファミリー・マン - "Family Man" (Buckingham, Dashut) – 4:01
  16. ユー・フォロー - "As Long As You Follow" (C. McVie) – 4:08*
  17. ノー・クエスチョンズ - "No Questions Asked" (Nicks) – 4:40*
  18. スカイズ・ザ・リミット - "Skies The Limit" (McVie) – 3:44
  19. ペーパー・ドール - "Paper Doll" (Nicks) – 3:56*


  • 「ユー・フォロー」と「ノー・クェスチョンズ」 はスタジオ・アルバムの収録曲ではない。最初に登場したのは1988年のアルバムグレイテスト・ヒッツである。
  • 「ペーパー・ドール」もスタジオ・アルバム収録曲ではない。初めて収録されたのは1992年のコンピレーション・アルバム、25イヤーズ・ザ・チェインである。