ヴァルスドルフ (オーバーフランケン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Walsdorf Oberfranken.png Lage des Landkreises Bamberg in Deutschland
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: バンベルク郡
緯度経度: 北緯49度52分 東経10度47分
標高: 海抜 273 - 329 m
面積: 16.22 km²
人口:

2,575人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 159 人/km²
郵便番号: 96194
市外局番: 09549
ナンバープレート: BA
自治体コード: 09 4 71 208
行政庁舎の住所: Bamberger Str.4
96194 Walsdorf
公式ウェブサイト: www.walsdorf.de
首長: ハインリヒ・ファーツ (Heinrich Faatz, CSU)
郡内の位置
Walsdorf in BA.svg

ヴァルスドルフ (Walsdorf)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区バンベルク郡に属する町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、シュテーガウラハ行政共同体を構成する。バンベルクの西約10km、アウラハ川の渓谷に位置する。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

この町は、公式には5つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • エアラウ
  • ファイゲンドルフ
  • コルムスドルフ
  • ヴァルスドルフ

歴史[編集]

ヴァルスドルフの名を挙げている最も古い文献上の記録は、1317年に記されたヴュルツブルクの最も古い土地台帳である。この土地は、ロイタースハイム・フォン・リスベルクのバンベルクの封土になった。この土地はその後、1399年にテュングフェルトの領主の支配下に入り、1524年にはヴォルフ・フォン・クレヴェルスハイム(= クライルスハイム)に譲渡された。特に1525年以降のクライルスハイムの治世はこの村の形成に重要な働きをなした。宗教上の所属を定め、村の構成を整え、村は市場の開催権を持つシュタイガーヴァルト北部の裕福な村として繁栄した。やがてこの村の領主は宗教改革の支持者となり、マルティン・ルターヴォルムスへ向かう際、その警護を務めた。家臣もこれに続き、プロテスタントの教理を受け容れたため、バンベルクの司教本部と何十年にも及ぶ争いが始まった。

こうした歴史は、現在でも、カトリック信者が圧倒的な周辺地域に対し、高い割合(40%)のプロテスタント・ルター派信者がいるという人口構成として影響を与えている。

クライルスハイム男爵の独立した騎士領は、1806年ライン同盟に加盟したことで、バイエルン領となった。しかし、1848年封建制度が廃止されるまで、この村はクライルスハイム家の所領であり、保護・被保護の関係は、1964年初めに解消されるまで続いた。

1978年5月1日に、それまで独立した自治体であったコルムスドルフ(ファイゲンドルフ地区とツェッテルスドルフ地区)とエアラウとが自発的に合併した結果、ヴァルスドルフとなった。同時にヴァルスドルフは近隣町村のシュテーガウラハリスベルクプリーゼンドルフと行政共同体を形成したが、1979年12月31日にこの共同体は解消された。1980年1月1日からは、シュテーガウラハとヴァルスドルフだけからなる、シュテーガウラハ行政共同体を形成している。

人口推移[編集]

この地域の人口は、1970年 1,412人、1987年 1,695人、2000年 2,461人であった。

行政[編集]

首長は、ハインリヒ・ファーツ (CSU)。彼は、2002年に、前任のハンス・ハインリヒ・ケーラーシュミット (CSU/Freie Liste)から、この職を引き継いだ。

引用[編集]

外部リンク[編集]