ヴァッテンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Wattendorf.png Lage des Landkreises Bamberg in Deutschland
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: バンベルク郡
緯度経度: 北緯50度02分 東経11度08分
標高: 海抜 530 m
面積: 22.23 km²
人口:

679人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 31 人/km²
郵便番号: 96196
市外局番: 09504
ナンバープレート: BA
自治体コード: 09 4 71 209
行政庁舎の住所: Hauptstraße 9
96196 Wattendorf
公式ウェブサイト: www.wattendorf-oberfranken.de
首長: トーマス・ベッツ (Thomas Betz)
郡内の位置
Wattendorf in BA.svg

ヴァッテンドルフ (Wattendorf) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区バンベルク郡に属する町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、シュタインフェルト行政共同体を構成する。

地理[編集]

この村は、バンベルク郡東部、フレンキシェ・シュヴァイツの周縁部、フレンキシェ・ジュラ山地斜面に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には5つの集落からなる[2]

  • ボーイェンドルフ
  • グレーフェンホイスリング
  • メーレンヒュル
  • シュネーベルク
  • ヴァッテンドルフ

歴史[編集]

ヴァッテンドルフは、古い入植地で、紀元前3000年から1800年頃にはすでに線帯文土器文化がこの地にあった。

文献上で最初に言及されるのは1180年に遡る。当時、この村はメラニエン公領であった。1260年から1274年まで、ヴァッテンドルフはトルーエンディング伯の所領となった。1274年シトー会のラングハイム修道院に寄贈され、1803年世俗化までその所有下にあった。時代について、バンベルク司教本部とこの修道院の関係は希薄になっていった。1803年の帝国代表者会議主要決議で、この村はバイエルン領となった。バイエルン王国の行政改革の時代、1818年の自治体令により現在の自治体が成立した。

人口推移[編集]

この地域の人口は、1970年:753人、1987年:723人、2000年:722人であった。2006年の人口は、わずか708人となっている。

行政[編集]

紋章[編集]

紋章は、青地に左を向いた銀の、向かって右側には、脚付き金杯から金の司教杖が突き出ている。

鷲と地色の青は、1248年までヴァッテンドルフの領主であったアンデクス=メラニエン伯を示す。脚付き金杯と司教杖は、トルーエンディング伯からシトー派修道会ラングハイム修道院への贈り物を示す。

経済と社会資本[編集]

ビール醸造所[編集]

ヴァッテンドルフには、現在、2つの小さな家内醸造所、ヒュープナー醸造所とドレーメル醸造所がある。

引用[編集]

外部リンク[編集]