ワールド・アパート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワールド・アパート
A World Apart
監督 クリス・メンゲス
脚本 ショーン・スロヴォ
製作 サラ・ラドクリフ
製作総指揮 ティム・ベヴァン
グレアム・ブラッドストリート
出演者 ジョディ・メイ
バーバラ・ハーシー
ジェローン・クラッベ
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ピーター・ビジウ
編集 ニコラス・ガスター
配給 日本ヘラルド映画
公開 フランスの旗 1988年5月CIFF
アメリカ合衆国の旗 1988年6月17日
日本の旗 1988年10月8日
上映時間 113分
製作国 イギリスの旗 イギリス
ジンバブエの旗 ジンバブエ
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$2,326,860[1]
テンプレートを表示

ワールド・アパート』(A World Apart)は、1988年制作のイギリスジンバブエ合作のドラマ映画

南アフリカ共和国で反アパルトヘイト運動に携わっていた両親を持つショーン・スロヴォの実体験を基に映画化。彼女は母、ルース・ファースト(Ruth First)を南アフリカ政府による爆弾テロ暗殺されている。

クリス・メンゲスの初監督作品かつジョディ・メイのデビュー作品で、第41回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを、また、バーバラ・ハーシージョディ・メイリンダ・ムブシ女優賞を受賞した。

あらすじ[編集]

1963年アパルトヘイト制度下の南アフリカ共和国。13歳の少女モリー・ロスの両親は同国の白人の中でも数少ない反アパルトヘイト運動家だったが公安警察に睨まれ、弁護士の父ガスは国外へ脱出、母ダイアナは逮捕されてしまう。

学校でも孤立するモリーは、黒人家政婦エルシーとその友人たちから励ましを受けるが、ある日、エルシーの弟で活動家のソロモンが逮捕され、拷問を受けた挙句に死亡する。これをきっかけに、モリーはそれまであまり関心のなかった反アパルトヘイト運動を理解するようになる。

一方、独房での孤独な日々と刑事たちの厳しい尋問で、日に日にやつれていく母ダイアナは、ついに耐えきれなくなり…。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]